新型コロナウイルスの影響により、掲載店舗様の営業時間やメニュー内容に変更がある場合があります。また「営業中」との表記で、宅配のみ対応をしている場合等もありますので、詳細は直接店舗までお問い合わせいただけると幸いです。

馬子禄(マーズルー)牛肉面 東京駅店

ハラルフード ハラル認証・又はムスリムフレンドリー認証取得 ハラル専用キッチンで調理 ハラルの食肉を使用 ハラルの調味料を使用 豚肉不使用 アルコール飲料の提供なし

推薦者・監修者

土岐 隆子 一般社団法人 ハラル・ジャパン協会 事務局 広報・ディレクター
紹介文はコチラ
現在は編集の仕事をしていますが、前職は調理師で病院やレストラン、給食業界で長年働いてきました。今思うと、そのときからすでにハラルと繋がっていたのかもしれません。何十年も昔になりますが一時期、私はあるオークション会場内の食堂で働いていました。その会場に来る人の6割以上は外国人でした。イスラム教徒が多く、会場にモスクのようなお祈りスペースもあり肉がハラルかどうか、何の肉かなどをよく聞かれたのを覚えています。ある時期になると食堂がお祭りのように賑やかになります。隣で営業しているインド料理屋がビリヤニーやカレー、甘い飲み物を豪快に無料で来る人たち全員に振る舞うのです。食堂には真っ赤なターバンを巻いた人やガラベーヤや民族衣装を着た外国人が100人以上集まり、みんなが同じテーブルを囲いとても楽しいひと時を過ごしました。今考えてみると、あれは断食明けのイフタールで、みんなで分かち合う意味も理解できますがその当時はハラルやイスラム教についても無知で真剣に対応を考えることもありませんでした。彼らはその食堂のなかにあるインド人が作るカレーばかり食べていました。ハラルを勉強するにつれ「和食が食べたかったのに、食べることができなかったんだ。」ということに気づき、できることがあったのに何もしなかった当時を今更後悔しています。
豚が入っていなければ!小麦やそばが入っていなければ!これなら食べられるのに…「食の不自由」と言っても人それぞれ違うと思うのです。
だからこそその背景にある文化や宗教・ライフスタイルの違いなどを学習して、お互い気持ち良く美味しい食事ができる環境づくりが大切だと思うのです。
ハラル・ジャパン協会がハラルビジネスにおいて提唱しているのはHAVO(Halal, Organic, Vegetarian, Allergy)という概念です。これは宗教や様々な違いにとらわれず多くの人に食べて使ってもらえる商品やサービスを目指しましょうという考え方です。美味しくて、安心・安全な食事をしたいと願うのは万国共通です。時代は人々に国境や宗教を超えた新しい生き方を求めています。ハラルを入り口に食の不自由を解消し、もっと自由な発想で共存・共栄できる社会とその先にある世界の調和に少しでも貢献できたら幸いです。

蘭州ラーメンブームの火付け役「馬子禄(マーズルー)牛肉面」

馬子禄(マーズルー)牛肉面は、都内に2店舗展開する蘭州ラーメンの専門店です。神保町店はオープン当初から行列の絶えない人気店として、テレビやメディアで度々取り上げられている有名店。こちらの東京駅店は2019年にオープンした待望の2号店です。

馬子禄(マーズルー)牛肉面 東京駅店

馬子禄(マーズルー)牛肉面 東京駅店

グラントウキョウB1の「グランアージュ」という八重洲地下街と直結する商店街のなかにあり、ランチタイムは丸の内オフィスビルで働く方たちの姿で賑わいます。
ツイッター@lanzhou_lamianより

ツイッター@lanzhou_lamianより

蘭州ラーメンは中国甘粛省蘭州市が発祥と言われている、薬膳スパイスと牛骨・牛肉をじっくりと炊いたスープに手打ちの小麦麺を入れた国民食です。この周辺の地域にはイスラム教徒の少数民族が多く住んでいて、「清真」という看板をよく見かけます。蘭州ラーメンも清真料理のひとつで、ハラルの食材を使用します。日本では手打ち麺に漢方スープという麺料理はあまり知られていませんが、ここ数年蘭州ラーメンは密かなブームを迎えています。間違いなくその火付け役となったのが「馬子禄(マーズルー)牛肉面」です。
香り高い薬膳スープはあっさりとした味で非常に食べやすく、麺は打ちたてモチモチ、これまでのパクチーブームも追い風となりラーメン屋にしては女性ファンが多い印象です。

パクチーどっさり蘭州牛肉面 ¥1,100

パクチーどっさり蘭州牛肉面 ¥1,100

これまで人気のラーメン屋というと狭い店内で肩を並べながら、汗だくになって麺をすするイメージや暗黙の了解で早く食べて早く出ないといけなかったり、女性1人ではハードルが高く行きにくい場所のひとつでした。馬子禄(マーズルー)牛肉面は、ラーメン屋のイメージを覆す広くてスタイリッシュな店内。美味しくて健康志向のラーメンと清潔感があることも、女性から支持されるポイントかもしれません。そもそもハラルにはトイバンという、栄養があり清潔で身体に良いものという意味が含まれています。そして誰が食べても美味しい!ハラルの本質を忠実に実践しているのが「馬子禄(マーズルー)牛肉面」です。
オーダーを受けてから麺を手打ちする、鮮やかな職人技も必見です。麺は細麺、平麺、三角麺など9種類あり、麺を引っ張りながらそれぞれの形状に整えていきます。ガラス越しに思わず見入ってしまいます。

オーダーを受けてから麺を手打ち

オーダーを受けてから麺を手打ち

迎合しない本場蘭州の味を忠実に再現

100年の歴史がある秘伝のスープはハラルの国産牛を使用し、スパイスと一緒にじっくりと長時間炊いた身体にやさしい薬膳スープです。透き通ったスープはあっさりとしながらも、牛の凝縮されたうま味を感じます。トッピングはブレンドした自家製ラー油にパクチー、葉にんにく、スライスした牛肉と味のしみた大根です。お店自慢の自家製手打ち麺は9種類から選ぶことができます。

麺は9種類

麺は9種類

細麺にすると素麺のようになり、三角麺や極太にすると食べ応えのあるうどんのようにもなり、麺の形状によって食感や味が変わるのが面白いです。本場蘭州では細麺が定番のようですが、茹であがりで約300ℊと麺のボリュームが多いので、早く食べるのが苦手な方は伸びにくい大き目の形を選ぶのもいいかもしれません。個人的には極太の平麺のナンバー7がおすすめです。きしめんを通り越してラザニアのようにも見えますが、これがまた美味しいのです。

⑦ 大寛 ダークワン(極太の平麺)

⑦ 大寛 ダークワン(極太の平麺)

パクチーを追加すると、さらにさっぱりとした味わいになりますよ。

無性に食べたくなる!飽きのこない「味」に絶対的な自信、安心のハラル認証取得店

店長の清野さんは日本の方で蘭州ラーメンに魅せられ、本場蘭州の馬子禄(マーズルー)で修業を積みお店をオープンされました。これまで現地で食べ歩いた蘭州ラーメンは100杯近くにのぼるそうです。そのなかでも、辛すぎず、濃すぎず、毎日食べたくなる味を追求した結果が馬子禄(マーズルー)でした。馬子禄(マーズルー)のバランスのとれた蘭州牛肉面は、現地でも「特級」レベル。間違いなく日本でも受け入れられると思ったそうです。馬子禄(マーズルー)牛肉面は、ハラル認証取得店です。メニューは、ハラルの蘭州牛肉面のみ。アルコールのメニューも一切ありません。現地の馬子禄(マーズルー)牛肉面からの要請もありハラル認証を取得したそうです。認証団体は日本アジアハラール協会です。
ハラール認証書

ハラール認証書

2020年5月現在、ムスリムの従業員は在籍していますが調理人はムスリムというわけではありません。中国政府の御用達の店舗が受ける称号「中華老字号(ジョンファ・ラオズハオ)」の認定店でもあるそうです。馬子禄(マーズルー)牛肉面は神保町店と東京駅店があります。支払いはカードや電子マネーも使えて便利です。2店舗とも駅から近く、便利な場所にありますので、是非お立ち寄りください。

「 馬子禄(マーズルー)牛肉面 東京駅店」 店舗基本情報

店名 馬子禄(マーズルー)牛肉面 東京駅店
TEL 03-6268-0323
所在地

千代田区丸の内1-9-2グラントウキョウサウスタワー内「グランアージュ」B1

営業時間

【昼の部】11:00〜16:00(LO:15:30)
【夜の部】17:00〜21:30(LO:21:00)
※土・日・祝のみ〜19:30 (LO:19:00)

定休日 無休
予算

1,000円

支払い

カード可、電子マネー可

駐車場 なし
対応言語 英語・中国語・日本語
事前予約

不可

料理説明

都内で行列必至の蘭州ラーメン・ハラル認証取得店

備考

東京駅八重洲南口から徒歩3分
53席

公式サイト
website

関連記事一覧

  1. ヘンプシードタブレと大豆ミートのアジアンラップロール (ASIAN SALAD WRAPS WITH HEMP SEED TABBOULEH & SOY MEAT)

    Mr. FARMER 表参道本店

  2. ベンガルビストロ スナリ 本駒込店(Bengali Bistro SUNALI Honkomagome Branch)

  3. ベンガルビストロ スナリ南大塚店(Bengali Bistro SUNALI Minami Otsuka Branch)

  4. サライケバブ雷門店(SARAY KEBAB Kaminarimon)

  5. 焼きチーズケバブサンド(Grilled Hellim Cheese & Kebab Sand)

    スターケバブtake away秋葉原本店

  6. エジプシャンレストラン&カフェ スフィンクス (SPHINX Egyption Restaurant & Cafe)

  7. ベジチキン南蛮

    駒込ナーリッシュ

  8. 「旬野菜のジンジャーソース」

    みかわや

  9. ランチプレート一例

    Olu Olu (カフェ オルオル)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。