新型コロナウイルスの影響により、掲載店舗様の営業時間やメニュー内容に変更がある場合があります。また「営業中」との表記で、宅配のみ対応をしている場合等もありますので、詳細は直接店舗までお問い合わせいただけると幸いです。

レイハン ウイグル レストラン(Reyhan’s Uyghur Restaurant)

ハラルフード ムスリムのオーナー又はシェフがいる ハラル専用キッチンで調理 ハラルの食肉を使用 ハラルの調味料を使用 豚肉不使用 アルコール飲料の提供なし

推薦者・監修者

土岐 隆子 一般社団法人 ハラル・ジャパン協会 事務局 広報・ディレクター
紹介文はコチラ
現在は編集の仕事をしていますが、前職は調理師で病院やレストラン、給食業界で長年働いてきました。今思うと、そのときからすでにハラルと繋がっていたのかもしれません。何十年も昔になりますが一時期、私はあるオークション会場内の食堂で働いていました。その会場に来る人の6割以上は外国人でした。イスラム教徒が多く、会場にモスクのようなお祈りスペースもあり肉がハラルかどうか、何の肉かなどをよく聞かれたのを覚えています。ある時期になると食堂がお祭りのように賑やかになります。隣で営業しているインド料理屋がビリヤニーやカレー、甘い飲み物を豪快に無料で来る人たち全員に振る舞うのです。食堂には真っ赤なターバンを巻いた人やガラベーヤや民族衣装を着た外国人が100人以上集まり、みんなが同じテーブルを囲いとても楽しいひと時を過ごしました。今考えてみると、あれは断食明けのイフタールで、みんなで分かち合う意味も理解できますがその当時はハラルやイスラム教についても無知で真剣に対応を考えることもありませんでした。彼らはその食堂のなかにあるインド人が作るカレーばかり食べていました。ハラルを勉強するにつれ「和食が食べたかったのに、食べることができなかったんだ。」ということに気づき、できることがあったのに何もしなかった当時を今更後悔しています。
豚が入っていなければ!小麦やそばが入っていなければ!これなら食べられるのに…「食の不自由」と言っても人それぞれ違うと思うのです。
だからこそその背景にある文化や宗教・ライフスタイルの違いなどを学習して、お互い気持ち良く美味しい食事ができる環境づくりが大切だと思うのです。
ハラル・ジャパン協会がハラルビジネスにおいて提唱しているのはHAVO(Halal, Organic, Vegetarian, Allergy)という概念です。これは宗教や様々な違いにとらわれず多くの人に食べて使ってもらえる商品やサービスを目指しましょうという考え方です。美味しくて、安心・安全な食事をしたいと願うのは万国共通です。時代は人々に国境や宗教を超えた新しい生き方を求めています。ハラルを入り口に食の不自由を解消し、もっと自由な発想で共存・共栄できる社会とその先にある世界の調和に少しでも貢献できたら幸いです。

都内でも珍しい本格的な絶品ウイグル料理が味わえる

「レイハンウイグルレストラン」は、駒込駅と巣鴨駅の中間にある本格的なウイグル料理が味わえるお店です。

ウイグル料理は中国の北西部に位置する新疆ウイグル自治区発祥の料理で、羊肉と小麦を使うのが特徴です。この地域にはイスラム教徒が多く住んでいることからハラールの食材を使用しています。ハラールとはアラビア語で許されたという意味をもつ、イスラム教徒のガイドラインのひとつです。食べ物にあてはめると、食べていいものということです。ほかにも清潔で栄養価の高いものという良い意味が含まれています。イスラム教と言うと豚・アルコールは禁止、食べていいものには制限があって大変だというイメージがあるかもしれませんが、こちらのウイグル料理!実は日本人にも馴染みやすい非常にユニークで美味しい料理なのです。

小麦涼皮

小麦涼皮

じゃがいも細切り炒め

じゃがいも細切り炒め

手作りのバラエティー豊かな羊肉メニューが勢ぞろい!レイハンで絶対食べたい5つのおすすめメニュー

ここの一押しメニューは世界最古の麺料理と言われている、「ラグメン」です。小麦を手で練って伸ばしては叩き、切らずに細く長く1本の麺に仕上げるのはまさに職人技。オーダーが入ってから麺を打って茹でてくれるので、出来たてはこしが強くて本当に美味しいです。羊肉と野菜がたっぷりと入ったトマト風味のあんを、麺にからめていただきます。

レイハン特製ラグメン

レイハン特製ラグメン

2つめはポロというウイグル風ピラフ。人参とレーズンの自然な甘みと羊肉がベストマッチした、日本人が大好きなやさしい味付けです。

ウイグル風ピラフ ポロ

ウイグル風ピラフ ポロ

3つめは「ピテルマンタ」というウイグル版小籠包。小籠包という名の割には大きめで、肉汁がじゅわっと溢れ出る食べ応えのある一品です。ブラックペッパーをふると、羊肉の旨みがより引き立ちます。

ラム肉のピテルマンタ

ラム肉のピテルマンタ

4つ目は「チュチュレ」というウイグル式ワンタンスープです。直径2センチくらいの丸くて小さなワンタンには、ラムのひき肉と玉ねぎなどが包まれています。塩味のあっさりとした透明感のあるスープにつるっとした喉越しのよいワンタンがマッチして絶品の、女性ウケ間違いなしのメニューです。

チュチュレ

チュチュレ

5つめは「シシカバブ」。ラム肉にクミンなどのスパイスやおろし玉ねぎをもみこんで串焼きにしたもので、中東をはじめアジアでも幅広く食べられているラム肉と言えばの王道の料理。やわらかい肉とスパイシーな香りが食欲をそそる、ビールのおともにピッタリの一品です。

シシカバブ

シシカバブ

日本で食べるラムの代表的な料理といえばジンギスカン。私たちが普段食べているのはだいたい肩肉やモモ肉くらいではないでしょうか。レイハンのように舌から内臓まで丸ごと羊を味わえる、こんなにバラエティー豊かで美味しい羊肉料理を出せるお店は都内でも希少です。
とにかくレイハンに来たら羊・羊・羊三昧をお楽しみください!

ムスリムや日本人にも美味しく食べられる理由

「レイハンウイグルレストラン」のレイハンとはオーナーの名前であり、トルコ語でバジルという意味です。ウイグル人として国の文化や料理を日本に伝えたいという責務と旅行や帰省などでウイグルから日本に帰ってきた人たちのためにも、家庭料理を提供したいという思いでお店をオープンしたそうです。
イスラム教徒の多い地域では豚やアルコールを飲食しません。イスラム教徒は飲酒を禁じられているため、酒類を提供しないというお店も多いのですが、レイハンでは日本人に気軽に食べに来て欲しいという願いからアルコールの提供をしています。実際のところ、ウイグル料理のパンチのきいたスパイシーで酸味のある味付けはビールにピッタリなのです。とはいえ、オーナーもムスリムでありお酒を嫌がる人の気持ちも理解できるのでそこはムスリムに対する最低限の配慮があります。料理は全てハラールなので、ハラールのものに酒類のハラムが混ざらないよう酒類はバーカウンターからのみ提供し、料理を提供するカウンターとを完全に分けています。これで、よほど敬虔なイスラム教徒でない限り、ムスリムも日本人も美味しく食事が楽しめるというわけです。

料理を提供する厨房とバーカウンターが独立している

料理を提供する厨房とバーカウンターが独立している

ウイグル族は砂漠を長時間ラクダなどで横断してきたことから、保存のきく食べ物が発達してきました。ピザやラーメンなどの小麦料理の発祥はウイグルとも言われています。また、ウイグルでは家庭料理でよく羊の肉を使用します。羊は獣特有の臭みが苦手という方がいるかもしれませんが、ここでは心配無用です。中華料理とも違う、シルクロードのどこか懐かしい美味しさを是非、味わってみてください。

デリバリー・テイクアウト
ほぼ全メニューテイクアウト可

「 レイハン ウイグル レストラン(Reyhan's Uyghur Restaurant)」 店舗基本情報

店名 レイハン ウイグル レストラン(Reyhan's Uyghur Restaurant)
TEL (03)5980-9266
所在地

東京都豊島区駒込4-2-33 ハイム駒込台 1F

営業時間

【火~木日】17:00~22:00(Lo.21:30)
【金・土】 17:00~23:00(Lo.22:30)

定休日 月曜日
予算

¥4,000~¥4,999

支払い

カード可(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)

駐車場
対応言語
事前予約
料理説明

ウイグル料理

備考

礼拝所は無いが事務所を礼拝に使用可。貸切可。ベジタリアン対応可。

公式サイト

関連記事一覧

  1. 健康美を作るグラノーラ

    Rond Factory グラノーラ専門店

  2. 野菜とマトンの2種カレー

    パキスタンレストラン マルハバ (MARHABA PAKISTAN RESTAURANT)

  3. マレーチャン1 MALAYCHAN satu

  4. コウソカフェビオライズ(KO-SO CAFE BIORISE)

  5. 薬膳食堂ちゃぶ膳

  6. ベンガルビストロ スナリ 本駒込店(Bengali Bistro SUNALI Honkomagome Branch)

  7. チーズサンド ¥500

    サライケバブ さかえ通り店(SARAY KEBAB Sakae Dori)

  8. サムラート カレーハウス 高輪店

  9. 炭やき屋

    炭やき屋 西麻布本店(SUMIYAKIYA YAKINIKU)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。