リフレッシュタイムにノンカフェインのドリンクを

みなさんは毎日の生活でどんな飲み物を選択していますか?

暑い日はのどが渇く前にしっかりと水分補給をするために冷たい飲み物を選んだり、寒い日は身体を温めるために暖かい飲み物を選んだりとその日の天気や気分によって選ぶものが変わってくると思います。私も暑いとついついアイスコーヒーを思いっきり飲んでしまったり、寒いと温かいミルクティーを身体を小さくしながら飲んだりと体温調節も兼ねて色々な飲み物を楽しんでいます。ただ何杯も飲むことを考えると、私はカフェインを気にするようにしているのですが皆さんはどうでしょうか。

仕事や勉強が忙しいとついつい眠気覚ましに…とカフェインを含む飲み物を選びがちですが、カフェインの過剰摂取は健康に悪影響を与える可能性があるだけでなく、中毒死などの危険もあるため注意が必要なんです。ちなみに皆さんがカフェインと言われて思いつく飲み物は何ですか。代表的なものでは、コーヒーや紅茶が思い浮かぶのではないかと思います。でも実は紅茶の茶葉と緑茶やほうじ茶、ウーロン茶の茶葉は製造工程が異なるだけで元の葉は同じのため、どれもカフェインを含んでいるんです。つまり飲み物を選ぶときに種類を変えていても意味がなかった!なんてこともあるかもしれませんよね。また妊婦の方や授乳中の方はお子様への影響を考えてカフェインを控える必要があるため、本人だけでなく周りの方も何を選べばよいのだろうと考えてしまったこともあるのではないでしょうか。でもカフェインを含まない飲み物の定番“麦茶”ばかりだと物足りないし、毎日飲み続けたら飽きてしまいそうだし色々なものを楽しむ方法はないかなとお悩みの方に朗報です!

ハーブティーは紅茶などの茶葉を煎じたものではなく、香りのある植物の葉や茎、花などを煎じたものを使用しているため、基本的にカフェインを含まないと言われています。そのため、カフェインを控えている方でも楽しめるのが嬉しいポイントです。またハーブの種類によって香りや色も異なるため、色々な種類を楽しめることで飽きが来る心配もありません。さらに嬉しいのが、ハーブの種類ごとにそれぞれが身体に良い影響を与えてくれることでティータイムがよりリフレッシュできる時間に繋がることです。ぜひリフレッシュしたい時やスッキリとしたい時に好みのフレーバーでハーブティーを楽しみながら、カフェインを気にしないリラックスタイムを過ごしてみてはいかがでしょうか。

オーガニックハーブティー350ml(ミント/カモミール/ルイボス)


ミントがもたらすリフレッシュタイム。イタリア有機農園から摘み取ったミントを使ったペットボトルタイプのオーガニックハーブティー。

カモミールがもたらすリラックスタイム。イタリア有機農園から摘み取ったカモミールを使ったペットボトルタイプのオーガニックハーブティー。

ルイボスがもたらすビューティータイム。南アフリカ有機農園から摘み取ったルイボスを使ったペットボトルタイプのオーガニックハーブティー。

商品を購入する

プロフィール

山本 佑里子(Yuriko Yamamoto)管理栄養士
大学を卒業後、管理栄養士として福祉施設での調理や給食業務を行う。そのなかで、国内でも年齢や国籍を問わず食事に制限がある人が多いことを痛感。また、スポーツ選手がヴィーガンの食事を取り入れていることを知り、多様な食事のあり方について学びを深めたいと実感。
多様な食事スタイルの人々が、同じ空間で食事を楽しめる場所が増えるよう情報をお伝えできれば幸いです。

関連記事

  1. ジャイナ教とは?もてなす前に厳しい食事制限を知っておこう!

  2. 有名人にも!菜食主義者とは?種類や健康にもたらす5つの効果を解説

  3. アレルギー特定原材料とは【表示義務も解説!】

  4. 醤油は?味噌は?ハラールで気をつけたい調味料とその代替品を紹介!

  5. タンパク質って、とりすぎたらどうなるの?

  6. ムスリムの食事ってどんなの?