モーゼスさんのケバブ 秋葉原駅前店(Moses’s Kebab Akihabara)

ハラル ムスリムのオーナー又はシェフがいる ハラル専用キッチンで調理 ハラルの食肉を使用 ハラルの調味料を使用 豚肉不使用

推薦者・監修者

プロフィール

土岐 隆子(Takako Doki)一般社団法人 ハラル・ジャパン協会 事務局 広報・ディレクター

紹介文はコチラ現在は編集の仕事をしていますが、前職は調理師で病院やレストラン、給食業界で長年働いてきました。今思うと、そのときからすでにハラルと繋がっていたのかもしれません。
何十年も昔になりますが一時期、私はあるオークション会場内の食堂で働いていました。その会場に来る人の6割以上は外国人でした。イスラム教徒が多く、会場にモスクのようなお祈りスペースもあり肉がハラルかどうか、何の肉かなどをよく聞かれたのを覚えています。ある時期になると食堂がお祭りのように賑やかになります。隣で営業しているインド料理屋がビリヤニーやカレー、甘い飲み物を豪快に無料で来る人たち全員に振る舞うのです。食堂には真っ赤なターバンを巻いた人やガラベーヤや民族衣装を着た外国人が100人以上集まり、みんなが同じテーブルを囲いとても楽しいひと時を過ごしました。今考えてみると、あれは断食明けのイフタールで、みんなで分かち合う意味も理解できますがその当時はハラルやイスラム教についても無知で真剣に対応を考えることもありませんでした。彼らはその食堂のなかにあるインド人が作るカレーばかり食べていました。ハラルを勉強するにつれ「和食が食べたかったのに、食べることができなかったんだ。」ということに気づき、できることがあったのに何もしなかった当時を今更後悔しています。
豚が入っていなければ!小麦やそばが入っていなければ!これなら食べられるのに…「食の不自由」と言っても人それぞれ違うと思うのです。
だからこそその背景にある文化や宗教・ライフスタイルの違いなどを学習して、お互い気持ち良く美味しい食事ができる環境づくりが大切だと思うのです。
ハラル・ジャパン協会がハラルビジネスにおいて提唱しているのはHAVO(Halal, Organic, Vegetarian, Allergy)という概念です。これは宗教や様々な違いにとらわれず多くの人に食べて使ってもらえる商品やサービスを目指しましょうという考え方です。美味しくて、安心・安全な食事をしたいと願うのは万国共通です。時代は人々に国境や宗教を超えた新しい生き方を求めています。ハラルを入り口に食の不自由を解消し、もっと自由な発想で共存・共栄できる社会とその先にある世界の調和に少しでも貢献できたら幸いです。

4階建てのアキバ名物「モーゼスさんのケバブ」秋葉原駅前店

「モーゼスさんのケバブ」は知る人ぞ知る秋葉原を代表するドネルケバブ専門店です。
ケバブ屋にしては珍しい4階建てのビルで、1階から3階がイートインスペース、4階はキッチンです。

モーゼスさんのケバブ 秋葉原駅前店(Moses’s Kebab Akihabara)

モーゼスさんのケバブ 秋葉原駅前店(Moses’s Kebab Akihabara)

イートインスペース

イートインスペース

店名になっているモーゼスさんとは、パキスタン出身のオーナーの名前とのことです。店舗には滅多に顔を出すことはないそうですが、モーゼスさんが社長。そして日本語ペラペラのフレンドリーなムスリムのスタッフたちが働いています。
お肉の種類はビーフ、チキン、両方混ぜたミックスの3種類から選べます。焼きながらグルグルとまわる肉の塊を、スタッフが長いナイフでそぎ落としてピタパンにたっぷりと詰めてくれます。

肉汁が溢れるドネルケバブ

肉汁が溢れるドネルケバブ

外側がカリッと焼かれていてなかはもちっとしたピタパン。パンのようなピタパンもあるなかで、こちらはしっかりとした硬めでありながらぱさつきが無くとても美味しいです。お茶やコーラなどのソフトドリンクはプラス100円でセットにできます。コロナビールやノンアルビールの販売もしていますが、食べ物は全てハラルです。

ドネルケバブミックス ¥550

ドネルケバブミックス ¥550

以前、店舗のハラル認証を取得していましたが今期は更新するか検討中のようです。

ケバブを自分好みに美味しくさせる山崎や滝沢、辛さに合わせたユニークなソース名の驚くべき由来

「モーゼスさんのケバブ」は肉と千切りキャベツがたっぷり、ボリューム満点のケバブで知られています。そしてここはなんといってもソースが特徴的!クミンやチリパウダー、スパイスが香るこってり濃厚なソースが肉にマッチしてとても美味いです。辛くないオリジナルソースから滝沢スペシャルという中辛や山崎スペシャルという激辛まで5段階の辛さから好みのソースを選ぶことができます。

メニュー

メニュー

ところでソースの名前になっている「小林」や「滝沢」、「山崎」は一体誰なのでしょうか??スタッフに聞いたところ全て実在する人物からネーミングをつけていて、小林は常連のお客様の名前、滝沢というのは社長の奥様、山崎は大家さんとのことです。それぞれ辛さで厳しさのレベルを表現しているようです。激辛の山崎は今回試していませんが、秋葉原の一等地で家賃も高いことから大家さんが一番厳しい存在のようです。ちょっと現実的すぎて笑ってしまいましたが、ここのスタッフもユーモアがあって面白いです。秋葉原にはもう一店舗、「モーゼスさんのケバブ AKIBA STYLE」というフランチャイズチェーンがありますが、こちらの本店の方が値段が安くてお得なようです。

小腹が空いたときに手軽にサクッと食べれるのもケバブの良いところ。イートインスペースが広いので、お買い物帰りの休憩にも便利です。安くて美味しいアキバ名物のケバブを是非、お試しください。

ドネルケバブチキン・滝沢スペシャル ¥500

ドネルケバブチキン・滝沢スペシャル ¥500

デリバリー・テイクアウト
全品テイクアウトOK

「 モーゼスさんのケバブ 秋葉原駅前店(Moses’s Kebab Akihabara)」 店舗基本情報

店名 モーゼスさんのケバブ 秋葉原駅前店(Moses’s Kebab Akihabara)
TEL 090-8083-5112
所在地

東京都千代田区外神田1-13-7ミサゴビル

営業時間

9:00-0:00

定休日 無休
予算

500円~

支払い

現金・PayPay

駐車場 なし
対応言語 日本語・英語
事前予約
料理説明

アキバ名物!ボリューム満点ドネルケバブ専門店

備考

秋葉原駅(電気街口) 徒歩2分
1階から3階がイートインスペース

公式

関連店舗一覧

  1. サライケバブ雷門店(SARAY KEBAB Kaminarimon)

  2. みのり菓子さんとのコラボプレート

    オ・プチ・フォロパティシェール

  3. ビーツとマイクロリーフを使った前菜

    ソンブルイユ

  4. コールドプレスジュース

    搾り屋935

  5. Curry’s Kitchenカリーズキッチン 原宿店

  6. 野菜とマトンの2種カレー

    パキスタンレストラン マルハバ (MARHABA PAKISTAN RESTAURANT)

  7. サライケバブ 西浅草店(SARAY KEBAB Nishi Asakusa)

  8. 職人技の手打ち麺

    中国蘭州ラーメン 火焔山蘭州拉麺 池袋店

  9. Soy Stories YAKUIN(ソイストーリーズ薬院)

  10. ボリュームがすごいんです。

    ボンゴカレー

  11. シリバラジ 中目黒店 Sribalaji Nakameguro

  12. チキンケバブライス ダブルホット&イスケンデルソース

    サライケバブ 大山店(SARAY KEBAB Oyama)

  13. naturry ナチュリー ナチュラルカレー

  14. そじ坊 ダイバーシティ東京プラザ店

  15. toppage

    Organic Cafe M2