ランチプレート一例

Olu Olu (カフェ オルオル)

ベジタリアン ヴィーガン 豚肉不使用 アルコール飲料の提供なし 卵不使用 乳不使用 エビ不使用 カニ不使用

推薦者・監修者

プロフィール

境 ありさ(Arisa Sakai)管理栄養士、分子栄養学カウンセラー、アンチエイジング学会会員
幼い頃から祖父母の農業を見て育ち、新鮮な野菜の魅力に引かれていった。食に関わる仕事がしたいと切望し、栄養科学部大学に入学。卒業とともに管理栄養士として小学校での給食管理を勤務。その後自然豊かなニュージーランドに留学をし、現地の人々の自然と共存したベジタリアンやヴィーガン思考の食生活スタイルに魅了された。そして現地のヴィーガンカフェで働き、「動物性食品を使わずともこんなに美味しい料理が作れるのか」ということに感動。しかし、日本に帰国後ベジタリアン、ヴィーガン、ハラル食に対する日本人の認識の低さを痛感。そこで環境問題とも深く関連した食のサスティナビリティという観点からも今後さらに重要視されるベジタリアン、ヴィーガン、ハラル食について一人でも多くの方に知って欲しいと強く切望している。現在はクリニックでの管理栄養士としての栄養指導等の業務を行いつつ、自身の日常生活においては、分子栄養学カウンセラーとしても知識も踏まえ、必要な栄養素は補充しつつベジタリアンやヴィーガン志向を推奨している。

お店を始めたきっかけ

カフェオルオルを経営されているのは、二人の女性。約10年前から経営しているそうです。

店舗外観

店舗外観

木の作りで落ち着いた店内

木の作りで落ち着いた店内

そんなお二人が「マクロビオティックカフェ」始めたきっかけは「自分の子にアレルギーがあり悩んだ経験から、同じように悩む人を救いたい」と言う思いから。
お店の経営に関しては、メニュー開発から、調理作業、接客、後片付けの全てをお二人でこなされているそうです。

ランチプレート一例

ランチプレート一例

そんな二人の願いは、
「食生活の多様化が進み食事のスタイルが変化している中、昔からある日本食のよさをカフェオルオルお料理を通じて一人でも多くの方に感じてほしい」
という思い。
「アレルギーがある方や動物性の食品を食べない方はもちろんですが、一般の人にも是非食べて欲しい」そうおっしゃっていました。

食材やメニュー、栄養バランスへのこだわり

お野菜メインのお料理は、地元で採れた有機・減農薬のものを使用。直接信頼できる契約農家さんから仕入れているとのこと。
旬の美味しいものを自分たちで選んで使用することで、栄養価の高い食事の提供にも繋がっているそうです。

また、メニューにも深いこだわりが。動物性食品を使用しないことで、使用できる食材に限りがあり中でも特定の栄養素に偏らないよう、タンパク質や良質な脂質が摂れる食材を組み合わせたり、味付けはどんな人が食べても美味しいと思っていただけるように心がけているとのこと。

お子様用のキッズプレートもあり、デザートの「豆乳プリン」は卵や乳製品のアレルギーがあるお子様に大変喜ばれるそうです。

ランチメニュー表

ランチメニュー表

お店の「手作り」にリピーター続出!テイクアウトメニューも充実。

お店のお料理でも使用する手作りの黒ごまドレッシングは店頭でも販売しており、「美味しくて身体にも良いから」とリピーター様が続出しているとのこと。
他にもオートミール入りオーガニック全粒粉のクッキーなども販売されていました。

手作り黒ごまドレッシング

手作り黒ごまドレッシング

オーガニック全粒粉クッキー

オーガニック全粒粉クッキー

店頭販売中のよもぎ茶

店頭販売中のよもぎ茶

また、テイクアウトメニューも充実しており、玄米おにぎり(¥400)から日替わりのお弁当(¥900)、人数や予算に合わせたオードブルも注文することができます。

テイクアウトメニュー表

テイクアウトメニュー表

オードブル一例

オードブル一例

これならなかなかお店に来られない方や、忙しいけど健康的な食事をしたいという方、アレルギーのあるお子様で市販のお弁当などは食べられないという方でも利用でき、安心して食べられますね♪

「 Olu Olu (カフェ オルオル)」 店舗基本情報

店名 Olu Olu (カフェ オルオル)
TEL 0942-44-3011
所在地

福岡県久留米市御井町2432−1

営業時間

11:30-15:00 (2020.10.29現在)

定休日 土日祝日
予算

¥1000~2000

支払い

現金のみ

駐車場 あり(店舗前に3台、道を挟んで向かいに10台程度)
対応言語 日本語のみ
事前予約

必須ではないが予約を推奨

料理説明

アレルギー対応やお子様用のプレートあり

備考
公式
instagram

関連店舗一覧

  1. スターケバブ★アキバテラス

  2. ビリヤニ

    パキスタン家庭料理 ザイカ(ZAIKA)

  3. 九州自然派食卓『Cafe nine』

  4. 米粉ワッフルとバター&アイスクリーム

    glutenfree cafe little bird(グルテンフリーカフェ リトルバード)

  5. サライケバブ北千住店 (SARAY KEBAB Kitasenju)

  6. ヴィーガン、ベジタリアン向けランチ。(2000円)

    癒ばしょ

  7. 定番:ハーブ香る豆腐スプレッドで作った「クリームチーズベーグル」

    La Maison Rose(ラメゾンローズ)

  8. 大会優勝料理

    Le Restaurant Haze 古民家レストランはぜ

  9. Re:Cell Kitchen -リセルキッチン

  10. 〆のご飯メニュー。こちらも季節ごとに具材が変わる。お米は奈良県産ひのひかり

    活菜や ちまき

  11. フムスサンド ¥500

    サライケバブ高田馬場店( SARAY KEBAB Takadanobaba)

  12. Café and Dining Naturalist -ナチュラリスト-

  13. 日替わりのランチパスタ

    Polyphony(ポリフォニー)

  14. ビーツとマイクロリーフを使った前菜

    ソンブルイユ

  15. タワベジタブル

    タージパレス