LIGHT VEGAN TEAM ライツヴィーガン福岡

ベジタリアン ヴィーガン 豚肉不使用 卵不使用 乳不使用 エビ不使用 カニ不使用

推薦者・監修者

プロフィール

境 ありさ(Arisa Sakai)管理栄養士、分子栄養学カウンセラー、アンチエイジング学会会員
幼い頃から祖父母の農業を見て育ち、新鮮な野菜の魅力に引かれていった。食に関わる仕事がしたいと切望し、栄養科学部大学に入学。卒業とともに管理栄養士として小学校での給食管理を勤務。その後自然豊かなニュージーランドに留学をし、現地の人々の自然と共存したベジタリアンやヴィーガン思考の食生活スタイルに魅了された。そして現地のヴィーガンカフェで働き、「動物性食品を使わずともこんなに美味しい料理が作れるのか」ということに感動。しかし、日本に帰国後ベジタリアン、ヴィーガン、ハラル食に対する日本人の認識の低さを痛感。そこで環境問題とも深く関連した食のサスティナビリティという観点からも今後さらに重要視されるベジタリアン、ヴィーガン、ハラル食について一人でも多くの方に知って欲しいと強く切望している。現在はクリニックでの管理栄養士としての栄養指導等の業務を行いつつ、自身の日常生活においては、分子栄養学カウンセラーとしても知識も踏まえ、必要な栄養素は補充しつつベジタリアンやヴィーガン志向を推奨している。

日本人の妻じゅんこさんと、スウェーデン出身の夫リキャシェフ、二人三脚での経営。

※2021年の移転前の内容となります
2018年にスタートさせた夫婦二人三脚でのヴィーガンフードプロジェクト。
最初は、福岡市大名に期間限定でオープンしたヴィーガン料理推進店にて動物性の料理も扱うチームと一緒に活動。レストランとの契約終了後にヴィーガンチームのご夫婦、リキャシェフとじゅんこさんの2人で独立。店舗終了後も”暗いニュースの多いこの世の中に光をあてる”という意味を込めて名付けられた「LIGHTS」という店舗名を引き継ぎ「LIGHTS Vegan team」と改名。2020年4月に今のキッチンをかまえました。

ご夫婦写真。お店の前にて

ご夫婦写真。お店の前にて

スウェーデン出身のシェフ・リキャさんは、10年ほど前パティシエとして約4年間の経験を経たのち、「健康的な食事をつくること」を目指し菓子業界を卒業。
そして複数の飲食店で働いた後、友人と2人で「Son of a Sandwich」という手作りの天然酵母のサンドイッチ店を経営し、5年ほどその経営に尽力したとのこと。
そんな中で、2018年初旬頃から妻のじゅんこさんと「ヴィーガンになること」を目指し、100%ヴィーガンの食事を提供できるヴィーガンプロジェクトの活動をスタートさせるため、お店の経営を終了。同年2018年10月からヴィーガン料理を提供を行っているそうです。

そんなご経験もあり、シェフ・リキャさんの一つ一つ丁寧かつ細かいこだわりが料理に滲みでていることが伝わります。

料理一例

料理一例

ヴィーガン志向の人だけじゃなく、「グルメな人」にぜひ食べて欲しい。

妻のじゅんこさんは、ヴィーガン料理について 
“ヴィーガン料理って、ただ動物性の食材を使わずに料理したもの。ってイメージの人が多いけど、たくさんの食材と調理法があって、本当に美味しいもの。
だからヴィーガンの人だけじゃなくて、「美食家の人」「グルメな人」にこそぜひ味わってほしい。” 
そんな風におっしゃっていたことがとても印象的で心に響きました。

食材や調味料はオーガニックや無添加の「本当に美味しいと感じたもの」を自分たちで選んで使用。ブリトーに使用する生地もリキャシェフ手作り。
全粒粉を使用し天然酵母で発酵させたもの。私も取材の際に試食をさせていただいたのですが、生地だけでも本当に美味しくて「毎日でも食べたい」そして「もっと沢山の人に食べてほしい」そう感じました。

ブリトー弁当(季節によって中身が変わります)

ブリトー弁当(季節によって中身が変わります)

ファラフェルピタサンド

ファラフェルピタサンド

新鮮な地元産のオーガニック野菜

新鮮な地元産のオーガニック野菜

リキャシェフのパティシエとしての経験からヴィーガンスイーツにも深いこだわりが。「小麦不使用」「加糖無し」「油無添加」「アレルギー対応可」のスペシャルホールケーキはリピーター続出とのこと。※2日前までの要予約

リキャシェフスペシャルホールケーキ

リキャシェフスペシャルホールケーキ

「迷った時は、楽しむこと!」がモットーのあたたかくてポジティブな妻のじゅんこさん。「ヴィーガン民泊」という新しいスタイルを提案。

調理担当の夫、リキャシェフの素晴らしい料理を広げ、様々なイベントに出店したり、周囲との繋がりを作っていく役割をしているのが妻のじゅんこさん。
本当に明るくポジティブなお人柄。イギリスへの滞在、音楽やWebデザイン、ライターなど様々なご経験をお持ちで、取材に訪れた際にも、快く「お店のこと」「お二人の経験」「ヴィーガンのこと」などについて教えてくれました。
そんなじゅんこさんがモットーにしているのは「迷った時は、楽しむこと」

“コロナウイルス”による影響で、時期的にもお店の新規オープンと重なり大きな打撃を受けたそうです。
しかしそんな状況でも、楽しみながら前向きに取り組まれてきたことが今の「LIGHTS VEGAN TEAM」の”カタチ”となっている。そう感じました。

また、じゅんこさんが元々経営されていた民泊を利用して、プライベートダイニングでそのまま宿泊もできる「ヴィーガン民泊」という新しいスタイルを提案しています。
古民家の昔ながらの良さを残しつつ、斬新なスタイルが今度注目を浴びること間違いなし!

ヴィーガン民泊部屋の写真①

ヴィーガン民泊部屋の写真①

ヴィーガン民泊部屋の写真②

ヴィーガン民泊部屋の写真②

デリバリー・テイクアウト
完全予約制テイクアウト&ケータリング https://www.lightsfood.com/menu
プライベートダイニング&ヴィーガン民泊 https://www.lightsfood.com/privatedining

「 LIGHT VEGAN TEAM ライツヴィーガン福岡」 店舗基本情報

店名 LIGHT VEGAN TEAM ライツヴィーガン福岡
TEL 080-5282-9217
所在地

福岡県八女市黒木町北大淵7191

営業時間

11:30-22:00

定休日 なし(イベント出店時などは休業)
予算

ランチ1100円〜 ご予算に合わせたオーダーメイドのケータリングサービス有

支払い

現金、paypay、クレジットカード(一部を除く)

駐車場
対応言語 日本語、英語、スウェーデン語(シェフがスウェーデン出身)
事前予約

必須(完全予約制)

料理説明

事前連絡で、アレルギーや味つけなどご要望に沿った料理対応可

備考

完全予約制

公式
websiteinstagramfacebook

関連店舗一覧

  1. みのり菓子さんとのコラボプレート

    オ・プチ・フォロパティシェール

  2. 玄米ベジカレー(ドリンクとセットで¥1210)

    MOAI

  3. ブリトーやサルサなどの人気メニュー

    HEMP CAFE TOKYO

  4. 野菜とマトンの2種カレー

    パキスタンレストラン マルハバ (MARHABA PAKISTAN RESTAURANT)

  5. Comfortable atmosphere with natural wooden interior

    まるごとVeganダイニング浅草

  6. veggie食堂 船出屋

  7. 「ラムレーズンのレアチーズケーキ」と「発芽玄米コーヒーラテ」

    あめつちまにまに

  8. フムスサンド ¥500

    サライケバブ高田馬場店( SARAY KEBAB Takadanobaba)

  9. バターチキン

    シディーク秋葉原 神田須田町店

  10. グリル野菜プレート(パン&ヨーグルト付・¥1500)

    ‘apelila

  11. ヴィーガンカレー

    茶と糀 つきあかり

  12. and S organic

  13. Be green by KIELO COFFEE

  14. aiwo white junk food

  15. 大豆ミートと卵が美味しいウフマヨ丼

    TSUKEMEN zuppa 水道橋店