玄米ベジカレー(ドリンクとセットで¥1210)

MOAI

ベジタリアン ヴィーガン

推薦者・監修者

プロフィール

玉木 千佐代(Chisayo Tamaki)合同会社KYOTOVEGAN 代表
インスタや独自サイトでヴィーガンベジタリアンの情報を発信。京都で一番の情報量を持つ。オーナーと会話をすることでお店の背景などもフォロワー様にお伝えすることを信条としていて、合わせて京都の歴史や文化を世界に知ってもらう活動もおこなう。
2021年、KYOTOVEGANというタブロイド誌(日英対応)を発行、合わせてベジ対応店検索サイトを立ち上げ運営。インスタdiethelperと連携をして飲食店と消費者をつなぐ。
イベントやコーディネート、台湾発売の素食ガイドブックの情報提供なども行う。
最新の投稿

人と人がつながる開放的空間

四条大宮駅徒歩3分の好立地

四条大宮駅徒歩3分の好立地

2021年5月に、四条通り沿いのホテル・プリンススマートインの1Fにオープンしたお店「MOAI」(旧店名:「土と野菜 KARITENPO」)。「食べる人」「農家さん」「料理人」が繋がるための場所に、という想いの元、様々なイベントが開催され多くの人の交流の場になることをオープン当初から目指されています。フードロスに関するトークセッションをはじめ、コロナ禍においても人々が繋がる機会を創出されてきました。昨年10月に開催された「#日本酒 奏Night」では、日本酒に関わる人たちをゲストに招いたトークセッションを「日本酒×野菜」をテーマに全3回に渡り実施。こういったイベントは通常の営業後の夕方から夜にかけて行われることが多いようですね。最新のイベント情報はお店のSNSをチェックしてみてください。

広々とした店内

広々とした店内

緑に落ち着きます

緑に落ち着きます

大通りからも中の様子がはっきりと分かる開放的な作りで、ホテルの1Fということで清潔感があり、お食事も気持ちよくできるのがポイント。さらにコンセントが付いた席も多数あるため、朝から作業したい方にはもってこいの空間です。

野菜を楽しむための豊富なメニュー

玄米ベジカレー(ドリンクとセットで¥1210)

玄米ベジカレー(ドリンクとセットで¥1210)

色んな人の交流の場に、という想いは食にも表れています。オープン当初から提供されている「野菜を食べるための玄米ベジカレー」は動物性原材料不使用のヴィーガン対応。片方はベジブロスでとったスープを中心としたシンプルなルー、もう一つは、白菜とりんごを中心とし色々なスパイスと隠し味に麦味噌を使ったルー、とあいがけで楽しめるんですね。そこに焼き野菜やラペなど数種の野菜がのっており、一度にたくさんの種類の野菜を食べられるヘルシーな一品。玄米も3分づきで食べやすく、ルーも辛さが控えめのため、年齢問わず皆さんに楽しんでいただけるカレーですね。このメニューのファンも少しずつ増えてきているんだとか。

ある日のおばんざいセット

ある日のおばんざいセット

おかわり自由のセルフドリンクも+¥200で可能

おかわり自由のセルフドリンクも+¥200で可能

また、最近スタートしたのが朝と昼にいただける「おばんざいセット」。おむすびやお味噌汁、漬物に日替わりのおばんざいが付いたセットメニューで、旬のお野菜が主役となっています。なお、おばんざいは選べるようになっているためヴィーガン対応も可能です(詳しくはスタッフの方にお問い合わせください)。

豊富なドリンクメニュー

豊富なドリンクメニュー

ドリンクにも注目。特にオーガニック野菜たっぷりのスムージーは動物性原料不使用の上、シュガーフリーなんです。砂糖の代わりにアガベシロップと、ココナッツを原料としたMCTオイルが使われているスムージーも多く、血糖値の上昇を抑える効果があるのが魅力的。「ベリー”C”スムージー」「リフレッシュビーツ」など取材時は5種のラインナップで、その日の気分や体調に合わせて選ぶのも楽しそう。

「地球の明日」を考えるきっかけに

環境にやさしいアイテムたち

環境にやさしいアイテムたち

お店の取組が深く知れるコーナー

お店の取組が深く知れるコーナー

店内で販売されているアイテムやフリーペーパーなどからも、新たな発見があるかも。例えばこちらのお店が主体となって進めているプロジェクトに、珈琲店で廃棄されていたコーヒー豆の麻袋とアパレル店の天然繊維を回収して「土に還るプランター」を作り地域を緑化しようという取組があります。元々は、京都の名店小川珈琲さんとのお話の中で生まれたアイディアということで、今も共同でイベント開催をされるなど、地域とのつながりを大切にしながら「地球の明日を考える」働きかけを実践されているんですね。店内ではそのプランターが、すぐに自宅でお野菜作りのできるよう野菜の種とセットになって販売されています。

様々な人々の関わり合いの場となることを願ってスタートを切った「MOAI」は、多様な食の選択にもフレンドリーなお店でした。どんな繋がりがこの空間から生まれてゆくのか、今後も目が離せません。

(メニュー内容は取材時点のものであり、今後変更する可能性がございます。)

デリバリー・テイクアウト基本的に全メニューテイクアウト可能

「 MOAI」 店舗基本情報

店名 MOAI
TEL 050-3717-0141
所在地

京都市下京区四条通堀川西入ル唐津屋町521 プリンススマートイン京都四条大宮1F
(旧店名:土と野菜 KARITENPO)

営業時間

6:30〜17:00

定休日 なし
予算

〜¥1500

支払い
駐車場 無し
対応言語
事前予約

料理説明

食を通して繋がりを生む京のスペース

備考
公式
web siteinstagram

関連店舗一覧

  1. HessOrganica

  2. LIGHT VEGAN TEAM ライツヴィーガン福岡

  3. ユルディズケバブとトルコ風ピザ

    ユルディズ トルコ レストラン(Yildiz Turkish Restaurant and Bar)

  4. 食育ブース「ソイハムベジサンド」&カフェ「ソイ甘酒(抹茶)」

    眞野屋

  5. べじさら食堂

  6. nanai(ナナイ)

  7. 〆のご飯メニュー。こちらも季節ごとに具材が変わる。お米は奈良県産ひのひかり

    活菜や ちまき

  8. 麻陽 Asahi

  9. 米粉てんぷら工房 天

  10. 「自家製ヴィーガンソーセージと九条ネギのスパゲッティ」

    Whitely 大丸京都店

  11. 選べるランチ

    Holy Holy Familiar Tree Cafe

  12. 岩堀シェフがローマの名店ロショーリで毎日100食作り続けた生クリームなしのローマの正統派カルボナーラ(1,958円)

    DA HÔRI ダ・ホーリー横浜反町

  13. シシカバブ

    アラビアンレストラン ゼノビア広尾(Arabian Restaurant Zenobia)

  14. Curry’s Kitchenカリーズキッチン 原宿店

  15. ヴィーガンカレープレート

    Jogi’s Curry (ジョギカレー)