新型コロナウイルスの影響により、掲載店舗様の営業時間やメニュー内容に変更がある場合があります。また「営業中」との表記で、宅配のみ対応をしている場合等もありますので、詳細は直接店舗までお問い合わせいただけると幸いです。
ニューホットマサラ New Hot Masala

ニューホットマサラ New Hot Masala

ハラルフード ベジタリアン ムスリムのオーナー又はシェフがいる ハラル専用キッチンで調理 ハラルの食肉を使用 ハラルの調味料を使用 豚肉不使用 アルコール飲料の提供なし お祈りスペースあり

推薦者・監修者

土岐 隆子 一般社団法人 ハラル・ジャパン協会 事務局 広報・ディレクター
紹介文はコチラ
現在は編集の仕事をしていますが、前職は調理師で病院やレストラン、給食業界で長年働いてきました。今思うと、そのときからすでにハラルと繋がっていたのかもしれません。何十年も昔になりますが一時期、私はあるオークション会場内の食堂で働いていました。その会場に来る人の6割以上は外国人でした。イスラム教徒が多く、会場にモスクのようなお祈りスペースもあり肉がハラルかどうか、何の肉かなどをよく聞かれたのを覚えています。ある時期になると食堂がお祭りのように賑やかになります。隣で営業しているインド料理屋がビリヤニーやカレー、甘い飲み物を豪快に無料で来る人たち全員に振る舞うのです。食堂には真っ赤なターバンを巻いた人やガラベーヤや民族衣装を着た外国人が100人以上集まり、みんなが同じテーブルを囲いとても楽しいひと時を過ごしました。今考えてみると、あれは断食明けのイフタールで、みんなで分かち合う意味も理解できますがその当時はハラルやイスラム教についても無知で真剣に対応を考えることもありませんでした。彼らはその食堂のなかにあるインド人が作るカレーばかり食べていました。ハラルを勉強するにつれ「和食が食べたかったのに、食べることができなかったんだ。」ということに気づき、できることがあったのに何もしなかった当時を今更後悔しています。
豚が入っていなければ!小麦やそばが入っていなければ!これなら食べられるのに…「食の不自由」と言っても人それぞれ違うと思うのです。
だからこそその背景にある文化や宗教・ライフスタイルの違いなどを学習して、お互い気持ち良く美味しい食事ができる環境づくりが大切だと思うのです。
ハラル・ジャパン協会がハラルビジネスにおいて提唱しているのはHAVO(Halal, Organic, Vegetarian, Allergy)という概念です。これは宗教や様々な違いにとらわれず多くの人に食べて使ってもらえる商品やサービスを目指しましょうという考え方です。美味しくて、安心・安全な食事をしたいと願うのは万国共通です。時代は人々に国境や宗教を超えた新しい生き方を求めています。ハラルを入り口に食の不自由を解消し、もっと自由な発想で共存・共栄できる社会とその先にある世界の調和に少しでも貢献できたら幸いです。

1,000円で3種類のカレーが味わえるランチは食べ放題!

ニューホットマサラは埼玉県草加市にあるパキスタン・インド料理レストランです。お店は柿木浄水場の交差点近くにあり、パキスタンの国旗が描かれている屋根が目印です。

カレーランチバイキングは1,000円で食べ放題!!バイキングのカレーは日本人好みの辛さや味付けに合わせています。
日替わり3種類のカレーにライス、ナン、サラダ、デザートつきです。

日替わり3種類のカレー

日替わり3種類のカレー

カレーランチバイキング 1,000円

カレーランチバイキング 1,000円

本場パキスタンの味が楽しみたい方は、食べ放題ではありませんが日替わりでニハリ・パヤ・ビリヤニなど3種類のランチメニューもあります。辛くないお子様セット(800円)もありますので、家族連れのランチにもおすすめです。

パヤ (Paya)

パヤ (Paya)

ニューホットマサラはお持ち帰りもできます。お弁当はイベント会場などでも販売していますので100食以上の大量注文も可能です。

完全ハラール!ニハリやカラヒにビリヤニ、本場パキスタンの味が楽しめます

オーナーのRANAさんはパキスタン出身のムスリムです。20年以上前に日本へ来た当時、埼玉にパキスタン料理屋がありませんでした。インドのようにカレーの文化をもつパキスタンですがインドカレー屋はあってもパキスタンという名を出しているお店がなかったことから、美味しい母国の料理を日本人にも紹介したいと考え、2009年にオープンしました。ラナさんの宗教に誠実でありたいという思いから、お酒は出さず完全ハラルの料理を提供しています。シェフはインドとパキスタンのムスリムです。ここはモスクのある八潮と蒲生の中間にあることから、金曜日の集団礼拝の後に訪れるムスリムのお客様も多いそうです。

店内

店内

お店で出すパキスタン料理は、日本人好みに味を調節していない本場の味です。その美味しさは口コミで広がり、駅から遠い不便な場所にありながら電車で訪れる都内のファンも多いそうです。
パキスタンは「肉」がないとはじまらないというくらいみんな肉が大好きで、インドとはまた違う、肉中心のバラエティ富んだ美味しいメニューが魅力であるとラナさんが仰っていました。
ラムの煮込みが入ったスープのニハリ、肉の繊維が解けるまで棒で潰しながら長時間煮込んだハリームなど。おいしさの秘密はパキスタンから来たシェフが作るどれも手の込んだ伝統的な料理にあります。
パーティーの時は羊の腹部にライスや野菜を詰めたダイナミックな羊の丸焼きが人気です。大きな鍋で作る羊の丸焼きはボリューム満点!30人前くらいあるそうですが、パキスタンの男性が来ると10人くらいでぺろりと平らげるそうです。

羊の丸焼き

羊の丸焼き

ここはお酒の提供は一切ありません。お酒に対してはオーナーのラナさんは曖昧にするよりも、イスラームだから出さない。宗教が一番でないと生きている意味がないと考え方の違いをきちんと伝えてくれます。ニューホットマサラはよく大使館関係者も来るそうです。お客様のなかにはお酒のメニューがないことに不満を感じる人もいますが、ムスリムからラナさんのお店に対する真っすぐな姿勢を褒められるときは、分かってくれて嬉しいと仰っていました。ラナさんはパキスタンやムスリムのコミュニティの会長も務めていて人望が厚い人です。お店の隣には礼拝できるスペースもあります。美味しいパキスタン料理を味わいながら、イスラームの教えについて聞いてみるのもいいかもしれません。

デリバリー・テイクアウト
テイクアウトは電話注文が可能

「 ニューホットマサラ New Hot Masala」 店舗基本情報

店名 ニューホットマサラ New Hot Masala
TEL 048-971-7161
所在地

埼玉県草加市柿木町241-1

営業時間

Lunch 11:00~15:00
Dinner 17:00~23:00(L.O 22:00)

定休日 なし
予算

¥1,500~¥2,500

支払い

現金

駐車場 あり 30台
対応言語 英語・ウルドゥー・ネパール・ベンガル
事前予約

料理説明

インド・パキスタン料理店
完全ハラル。お酒のメニューなし。お祈りスペースあり。

備考

52席 30名様以上で貸切可能
最寄りはJR武蔵野線 越谷レイクタウン駅・東部スカイツリーライン 新田駅

公式サイト
websitefacebook

関連記事一覧

  1. バングラアンマの日替わりごはんプレート 1,500円

    インド バングラデシュ料理 スナリ(Indian Bangladesh Dining Sunali)

  2. 職人技の手打ち麺

    中国蘭州ラーメン 火焔山蘭州拉麺 池袋店

  3. エジプシャンレストラン&カフェ スフィンクス (SPHINX Egyption Restaurant & Cafe)

  4. 太陽と大地の食卓 T’s レストラン 自由が丘

  5. 馬子禄(マーズルー)牛肉面 東京駅店

  6. T’s たんたん エキュート京葉ストリート店

  7. カレーハウスCoCo壱番屋 ハラール秋葉原店

  8. フムスサンド ¥500

    サライケバブ高田馬場店( SARAY KEBAB Takadanobaba)

  9. モーゼスさんのケバブ 秋葉原駅前店(Moses’s Kebab Akihabara)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

対応可能なお店を探す

タグ