新型コロナウイルスの影響により、掲載店舗様の営業時間やメニュー内容に変更がある場合があります。また「営業中」との表記で、宅配のみ対応をしている場合等もありますので、詳細は直接店舗までお問い合わせいただけると幸いです。

そじ坊 ダイバーシティ東京プラザ店

ベジタリアン ハラルフード ハラル認証・又はムスリムフレンドリー認証取得 ハラル専用キッチンで調理 ハラルの食肉を使用 ハラルの調味料を使用 豚肉不使用

推薦者・監修者

土岐 隆子 一般社団法人 ハラル・ジャパン協会 事務局 広報・ディレクター
紹介文はコチラ
現在は編集の仕事をしていますが、前職は調理師で病院やレストラン、給食業界で長年働いてきました。今思うと、そのときからすでにハラルと繋がっていたのかもしれません。何十年も昔になりますが一時期、私はあるオークション会場内の食堂で働いていました。その会場に来る人の6割以上は外国人でした。イスラム教徒が多く、会場にモスクのようなお祈りスペースもあり肉がハラルかどうか、何の肉かなどをよく聞かれたのを覚えています。ある時期になると食堂がお祭りのように賑やかになります。隣で営業しているインド料理屋がビリヤニーやカレー、甘い飲み物を豪快に無料で来る人たち全員に振る舞うのです。食堂には真っ赤なターバンを巻いた人やガラベーヤや民族衣装を着た外国人が100人以上集まり、みんなが同じテーブルを囲いとても楽しいひと時を過ごしました。今考えてみると、あれは断食明けのイフタールで、みんなで分かち合う意味も理解できますがその当時はハラルやイスラム教についても無知で真剣に対応を考えることもありませんでした。彼らはその食堂のなかにあるインド人が作るカレーばかり食べていました。ハラルを勉強するにつれ「和食が食べたかったのに、食べることができなかったんだ。」ということに気づき、できることがあったのに何もしなかった当時を今更後悔しています。
豚が入っていなければ!小麦やそばが入っていなければ!これなら食べられるのに…「食の不自由」と言っても人それぞれ違うと思うのです。
だからこそその背景にある文化や宗教・ライフスタイルの違いなどを学習して、お互い気持ち良く美味しい食事ができる環境づくりが大切だと思うのです。
ハラル・ジャパン協会がハラルビジネスにおいて提唱しているのはHAVO(Halal, Organic, Vegetarian, Allergy)という概念です。これは宗教や様々な違いにとらわれず多くの人に食べて使ってもらえる商品やサービスを目指しましょうという考え方です。美味しくて、安心・安全な食事をしたいと願うのは万国共通です。時代は人々に国境や宗教を超えた新しい生き方を求めています。ハラルを入り口に食の不自由を解消し、もっと自由な発想で共存・共栄できる社会とその先にある世界の調和に少しでも貢献できたら幸いです。

信州の民家のような雰囲気の人気和食そばチェーン

「信州そば処そじ坊」は全国展開している人気の和食そばチェーンです。チェーン店にしては珍しい自家製麺に生わさびを自分でおろして食べる本格的なスタイルが特徴的で、一度は訪れたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

そじ坊 ダイバーシティ東京プラザ店

そじ坊 ダイバーシティ東京プラザ店

店内の様子

店内の様子

そばのメニューのほか信州の郷土料理や、丼もの、天ぷらなどの和食・セットメニューが充実しています。

二味そば御膳 1,820円

二味そば御膳 1,820円

天ぷらは揚げたてサクサク。細打ちのせいろは艶やかで適度なこしがありのど越しも良く、スッキリとしたそばつゆに合います。

天ぷら

天ぷら

せいろそば

せいろそば

丼ものがセットになった定食は1,000円以下のメニューもあり、お台場という都内屈指の観光スポットでありながら値段は普通の蕎麦屋と変わりません。店舗はお買い物やグルメが楽しめる商業施設のなかにあり、ダイバーシティ東京プラザという名にふさわしい全メニュー英語表記・アレルギー表記、電源用コンセント有、バリアフリー、食のハラール対応も万全なお店です。

丼ものがついた定食メニュー

丼ものがついた定食メニュー

そじ坊ダイバーシティ東京プラザ店は、食事は全てハラール対応なのでかつ丼などの豚の成分が含まれるメニューはありません。

500円 テイクアウトメニュー (店舗Facebookより)

500円 テイクアウトメニュー (店舗Facebookより)

 
また、メニューに使用する材料のほか調味料もハラール対応品を使用することになります。特に和食の調味料は醤油やみりんなど、アルコールを含むものが結構あるので切り替えると割高になりがちなのですが、一部テイクアウトメニューはなんと500円!この価格で美味しい和食が楽しめるのはムスリムにとってもありがたいことです。

揚げたてサクサク熱々の天ぷらと自家製麺のそばも全てハラール

そじ坊を運営する株式会社グルメ杵屋レストランでは、空港をはじめ国内のいくつかの店舗でハラール対応の食事を提供しています。ダイバーシティ東京プラザ店のそのうちのひとつです。店舗の入り口にハラール対応の説明と認証書が貼ってあります。

ハラールフードの説明と認証書

ハラールフードの説明と認証書

このハラールマークとは何かと思ったことはありませんか?簡単に言うとハラール認証団体が、ハラールの基準をクリアしているということを確認したものです。しかしハラール認証制度は世界統一基準が無いので、国や各認証団体ごとにその判断基準や指導内容は異なります。また、日本はメニュー認証やムスリムフレンドリー認証というのがあったり、ややこしい部分があるので少し説明します。

ムスリムフレンドリーレストラン認証書

ムスリムフレンドリーレストラン認証書

このNPO法人日本ハラール協会が発行している「ムスリムフレンドリーレストラン認証書」の意味は、このお店の食事メニューは全てハラールという意味です。ムスリムフレンドリー認証とは国の事情を配慮して、カスタマイズされた認証基準及び部分認証のことです。日本でイスラム法に完全に則った、ハラール認証レベルのサービスを実現させるには、豚やアルコールの排除はもちろんのことハラムなものを全て避ける必要があります。ムスリム人口の多い国ではそれらはごく普通なことかもしれませんが、非イスラム圏である日本において、全ての基準をクリアすることは容易ではありません。そこで考案されたのが施設の一部やメニューなどがハラールの一定基準をクリアしていることを証明した、ムスリムフレンドリーという認証です。日本のホテルや学食、レストランなどで多くみられるのがこのタイプの認証で、食品にプリントされているハラールマークとは基準が異なるものです。
例えば店舗全体に対するハラール認証を取得する場合は、豚の成分の排除はもちろんのことビールなどの酒類の提供も基本的にできませんが、ムスリムフレンドリー認証であればお酒を提供することが可能とされています。しかしハラールの食事にお酒がふれることが無いよう、ハラールとノーハラールが混ざらないシステムであることが前提です。そじ坊ダイバーシティ東京プラザ店では、酒類のグラスとソフトドリンク用のグラスを分離したり従業員研修を行ったりするなど見えない部分もハラール性を管理できる体制を整えています。

「 そじ坊 ダイバーシティ東京プラザ店 」 店舗基本情報

店名 そじ坊 ダイバーシティ東京プラザ店
TEL 03-5520-1310
所在地

東京都江東区青海1-1-10ダイバーシティ東京プラザ6F

営業時間

11:00~23:00 (L.O.22:00)

定休日 無休
予算

¥1,000~¥2,000

支払い
駐車場 有( ダイバーシティ東京プラザ駐車場)
対応言語 英語・日本語
事前予約
料理説明

食事は全てハラール。ムスリムフレンドリーレストラン認証取得の店舗

備考

ゆりかもめ 台場
りんかい線 東京テレポート

公式サイト
web sitefacebook

関連記事一覧

  1. シルクロード・タリムウイグルレストラン(Silk Road Tarim Uighur Restaurant)

  2. コールドプレスジュース

    搾り屋935

  3. 太陽と大地の食卓 T’s レストラン 自由が丘

  4. 職人技の手打ち麺

    中国蘭州ラーメン 火焔山蘭州拉麺 池袋店

  5. スターケバブ★アキバテラス

  6. 九州自然派食卓『Cafe nine』

  7. 焼きチーズケバブサンド(Grilled Hellim Cheese & Kebab Sand)

    スターケバブtake away秋葉原本店

  8. Bolbol(ボルボル)

  9. 薬膳食堂ちゃぶ膳

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。