新型コロナウイルスの影響により、掲載店舗様の営業時間やメニュー内容に変更がある場合があります。また「営業中」との表記で、宅配のみ対応をしている場合等もありますので、詳細は直接店舗までお問い合わせいただけると幸いです。

Bolbol(ボルボル)

ハラルフード ベジタリアン ムスリムのオーナー又はシェフがいる ハラル専用キッチンで調理 ハラルの食肉を使用 ハラルの調味料を使用 豚肉不使用 お祈りスペースあり

推薦者・監修者

土岐 隆子 一般社団法人 ハラル・ジャパン協会 事務局 広報・ディレクター
紹介文はコチラ
現在は編集の仕事をしていますが、前職は調理師で病院やレストラン、給食業界で長年働いてきました。今思うと、そのときからすでにハラルと繋がっていたのかもしれません。何十年も昔になりますが一時期、私はあるオークション会場内の食堂で働いていました。その会場に来る人の6割以上は外国人でした。イスラム教徒が多く、会場にモスクのようなお祈りスペースもあり肉がハラルかどうか、何の肉かなどをよく聞かれたのを覚えています。ある時期になると食堂がお祭りのように賑やかになります。隣で営業しているインド料理屋がビリヤニーやカレー、甘い飲み物を豪快に無料で来る人たち全員に振る舞うのです。食堂には真っ赤なターバンを巻いた人やガラベーヤや民族衣装を着た外国人が100人以上集まり、みんなが同じテーブルを囲いとても楽しいひと時を過ごしました。今考えてみると、あれは断食明けのイフタールで、みんなで分かち合う意味も理解できますがその当時はハラルやイスラム教についても無知で真剣に対応を考えることもありませんでした。彼らはその食堂のなかにあるインド人が作るカレーばかり食べていました。ハラルを勉強するにつれ「和食が食べたかったのに、食べることができなかったんだ。」ということに気づき、できることがあったのに何もしなかった当時を今更後悔しています。
豚が入っていなければ!小麦やそばが入っていなければ!これなら食べられるのに…「食の不自由」と言っても人それぞれ違うと思うのです。
だからこそその背景にある文化や宗教・ライフスタイルの違いなどを学習して、お互い気持ち良く美味しい食事ができる環境づくりが大切だと思うのです。
ハラル・ジャパン協会がハラルビジネスにおいて提唱しているのはHAVO(Halal, Organic, Vegetarian, Allergy)という概念です。これは宗教や様々な違いにとらわれず多くの人に食べて使ってもらえる商品やサービスを目指しましょうという考え方です。美味しくて、安心・安全な食事をしたいと願うのは万国共通です。時代は人々に国境や宗教を超えた新しい生き方を求めています。ハラルを入り口に食の不自由を解消し、もっと自由な発想で共存・共栄できる社会とその先にある世界の調和に少しでも貢献できたら幸いです。

昼はお得なランチ、週末の夜は魅惑のベリーダンスショー

高円寺は大小の商店街が14もある飲食店や居酒屋激戦区。サブカルの聖地とも呼ばれ都内のなかでも一風変わった人気のエリアであり、お店の入れ替わりが激しいのも特徴です。そんななかでも今年で16年目を迎えるハラル料理を提供するレストランがあります。
Bolbol(ボルボル)は高円寺駅から徒歩2分の場所にある、ペルシャ(イラン)料理レストランです。2階に上がると出てくる読めないペルシャ語の看板が目印です。入り口からは中が見えないのではじめは入るのに勇気がいります。

Bolbol(ボルボル)

Bolbol(ボルボル)

2階 店舗入り口

2階 店舗入り口

ランチタイムはケバブやイランの家庭料理のほか、インド人シェフによる本場のインドカレーも1,000円以下で楽しむ事ができます。
ボリューム満点!大きなケバブが2本どーんとのった「ケバブクビデ」はボルボル人気のメニュー。

ケバブクビデ ¥1,000

ケバブクビデ ¥1,000

ビーフとラムのミンチを練って串焼きにしたケバブはとてもやわらかくてジューシー。
美味しい食べ方は、焼きたてのナンにライス、ケバブ、ピクルス、焼トマトをくずしたものをのせ、レモンを絞って口のなかにほうりこみます。

ナンに全部包んで食べる

ナンに全部包んで食べる

イランの家庭料理は羊肉や麦、ハーブを多く使用します。こちらのグリーンがかった「ゴルメサブジィ」はラム肉とレッドビーンズのハーブ煮込み。ランチは大麦入りトマトスープとバスマティライスもつきます。

ゴルメサブジィ ¥800

ゴルメサブジィ ¥800

大麦とトマトのスープ

大麦とトマトのスープ

6種類のハーブで煮込んだラム肉はとてもやわらかく、シチューもスープも日本人に馴染みやすいやさしい味付けです。
どのメニューもクセがなくヘルシーで美味しいので、是非チャレンジしてみて下さい。
ボルボルでの楽しみ方はいろいろ!ペルシャ料理はもちろん、水タバコ(ガリユン)、中東のビールやワインもあり、 週末の夜はベリーダンスのショーなども楽しめます。

エキゾチックなイランのアンティークコレクションが素敵なペルシャ料理屋

オーナーのホセインさんは、イランのテヘラン出身のムスリムです。はじめて日本に来たのは20代の頃でした。イタリア料理店で働いてお金をためた後、イラン料理を食べれる場所が近所になかったことから2004年にお店をオープンしました。当時から高円寺周辺に住んでいたこともあり、陽気で歌って踊るのが好きなイランの国民性とバンドマンや自由人の多い高円寺がイメージ的にも合ったそうです。
そこには自分の国の文化を料理を通して、多くの人々に紹介したいという願いがありました。

オーナーのホセインさん

オーナーのホセインさん

そのこだわりは、美味しい料理をより一層引き立てるエキゾチックな空間にもあらわれています。店内にある装飾品は全てイランのアンティークです。

カウンター

カウンター

タイルのアート

タイルのアート

店内

店内

ガージャール朝の第4代王のナーセロッディーン・シャーが描かれた、ティーポットや砂糖入れも素敵です。ボルボルのスパイス入りのチャイは、香り高くとても美味しいです。ココナッツのかかったデーツとも相性抜群。

ペルシャンチャイ(※砂糖は角砂糖になります)

ペルシャンチャイ(※砂糖は角砂糖になります)

店名のボルボルとは鳥の「ウグイス」という意味だそうです。ウグイスはいませんが、お店にはインコがたくさんいます。
小鳥たちのまるで音楽のようにきれいなさえずりが、とても可愛くて癒されます。オーナーのホセインさんは照れ屋ですが、とてもダンディーで素敵な方です。しつこく話しかけるとイランの面白い裏話をしてくれますよ。是非、エキゾチックな空間でペルシャの悠久の歴史に思いを馳せながら、美味しい料理を堪能してみてください。

デリバリー・テイクアウト
ケバブクビデセット、ケバブジュージェセット、ゴルメサブジィ、ゲイメ、ナンなど
ほとんどのメニューがテイクアウト可能

宅配サービスUber Eats

「 Bolbol(ボルボル)」 店舗基本情報

店名 Bolbol(ボルボル)
TEL 03-3223-3277
所在地

東京都杉並区高円寺北3-2-15-2F

営業時間

ランチ11:30~15:00 ディナー17:00~ 23:00 (L.O.22:30)

定休日 水曜日
予算

ランチ¥800~¥1,000 ディナー¥2,000~¥3,500

支払い

カード可

駐車場 なし
対応言語
事前予約

あり

料理説明

高円寺駅北口から徒歩2分のペルシャ料理レストラン。
お酒の提供はあるが、食べ物のメニューは全てハラル。

備考

35席

公式サイト
お店の公式ホームページfacebook

関連記事一覧

  1. インドカレー&アジアンダイニングどんのば 赤坂本店

  2. 蘭州牛肉面 950円とパクチー大盛150円

    馬子禄(マーズルー)牛肉面 神保町店

  3. 特製鶏白湯麺 ¥1,080円

    麺屋 帆のる 恵比寿店(Halal Ramen & Dining Honolu Ebisu)

  4. サライケバブ雷門店(SARAY KEBAB Kaminarimon)

  5. 羊の丸焼き

    ニューホットマサラ New Hot Masala

  6. テンペ盛り合わせ弁当

    キッチンマレーチャン Kitchen Malaychan

  7. ジャーメ ジャム( Jame Jam)

  8. 野菜とマトンの2種カレー

    パキスタンレストラン マルハバ (MARHABA PAKISTAN RESTAURANT)

  9. T’s たんたん エキュート京葉ストリート店

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

対応可能なお店を探す

タグ