新型コロナウイルスの影響により、掲載店舗様の営業時間やメニュー内容に変更がある場合があります。また「営業中」との表記で、宅配のみ対応をしている場合等もありますので、詳細は直接店舗までお問い合わせいただけると幸いです。

ジャーメ ジャム( Jame Jam)

ハラルフード ムスリムのオーナー又はシェフがいる ハラル専用キッチンで調理 ハラルの食肉を使用 ハラルの調味料を使用 豚肉不使用 ベジタリアン ヴィーガン

推薦者・監修者

土岐 隆子 一般社団法人 ハラル・ジャパン協会 事務局 広報・ディレクター
紹介文はコチラ
現在は編集の仕事をしていますが、前職は調理師で病院やレストラン、給食業界で長年働いてきました。今思うと、そのときからすでにハラルと繋がっていたのかもしれません。何十年も昔になりますが一時期、私はあるオークション会場内の食堂で働いていました。その会場に来る人の6割以上は外国人でした。イスラム教徒が多く、会場にモスクのようなお祈りスペースもあり肉がハラルかどうか、何の肉かなどをよく聞かれたのを覚えています。ある時期になると食堂がお祭りのように賑やかになります。隣で営業しているインド料理屋がビリヤニーやカレー、甘い飲み物を豪快に無料で来る人たち全員に振る舞うのです。食堂には真っ赤なターバンを巻いた人やガラベーヤや民族衣装を着た外国人が100人以上集まり、みんなが同じテーブルを囲いとても楽しいひと時を過ごしました。今考えてみると、あれは断食明けのイフタールで、みんなで分かち合う意味も理解できますがその当時はハラルやイスラム教についても無知で真剣に対応を考えることもありませんでした。彼らはその食堂のなかにあるインド人が作るカレーばかり食べていました。ハラルを勉強するにつれ「和食が食べたかったのに、食べることができなかったんだ。」ということに気づき、できることがあったのに何もしなかった当時を今更後悔しています。
豚が入っていなければ!小麦やそばが入っていなければ!これなら食べられるのに…「食の不自由」と言っても人それぞれ違うと思うのです。
だからこそその背景にある文化や宗教・ライフスタイルの違いなどを学習して、お互い気持ち良く美味しい食事ができる環境づくりが大切だと思うのです。
ハラル・ジャパン協会がハラルビジネスにおいて提唱しているのはHAVO(Halal, Organic, Vegetarian, Allergy)という概念です。これは宗教や様々な違いにとらわれず多くの人に食べて使ってもらえる商品やサービスを目指しましょうという考え方です。美味しくて、安心・安全な食事をしたいと願うのは万国共通です。時代は人々に国境や宗教を超えた新しい生き方を求めています。ハラルを入り口に食の不自由を解消し、もっと自由な発想で共存・共栄できる社会とその先にある世界の調和に少しでも貢献できたら幸いです。

高架下の個人商店がひしめく阿佐ヶ谷一番街にあるペルシャ料理レストラン

ジャーメ ジャム(Jame Jam)は中央線・阿佐ヶ谷駅から徒歩3分の場所にあるペルシャ(イラン)料理レストランです。
イラン出身のオーナーシェフ、キャラバンディ モーセンさんが作る、ペルシャ料理は格別。鶏肉やラムを使用したケバブやハーブたっぷりの煮込みなど、どれも手の込んだ料理でとてもヘルシーです。

チキンケバブ

チキンケバブ

ナスと肉のシチュー

ナスと肉のシチュー

そら豆とディルの混ぜご飯

そら豆とディルの混ぜご飯

食事は全てハラルです。中東のファラフェルやハーブとライムを入れたイランの定番サラダなど、ハラル&ヴィーガンのメニューもあります。

サラダシーラーズ

サラダシーラーズ

また、ペルシアンティーやザクロジュースなどのソフトドリンクのほか、クラフトビールや中東のワインなどのお酒も豊富です。

火曜から金曜までの平日限定ランチメニュー

火曜から金曜までは、平日限定のランチメニューがあります。こちらは女性におすすめの日替わりランチ前菜盛り合わせ。

日替わりランチ前菜盛り合わせ

日替わりランチ前菜盛り合わせ

袋状になったピタパンにナスとトマトの煮込みやホムス、チーズなどディップが数種類ついた日替わりのヘルシーランチです。
ピタパンにそれぞれ少しずつぬって食べたり、全てピタパンに入れて豪快に食べても美味しいですよ。
ひよこ豆を潰して香辛料を練り込んで揚げたファラフェルは、営養価が高くヴィーガンメニューのなかでも人気があります。
外側がザクッとかためで内側はほっくほくの食感。ひよこ豆のコクのある味わいは、肉にもまけないうま味があります。ランチはサラダとスープとチャイがセットになってお得です。

胃にもたれない軽めのランチにピッタリ。鶏やラムの煮込み料理も美味しいので、是非お試しください。

ペルシアンティー

ペルシアンティー

ランチメニュー

ランチメニュー

世界中の人が集まって楽しい時間を過ごしてほしい

ジャーメ ジャムは、阿佐ヶ谷駅高架下の個人商店がひしめく阿佐ヶ谷一番街のなかにあるペルシャ(イラン)料理レストランです。レトロな昭和の雰囲気が漂う商店街ですが、ドアを開けると急にペルシャらしき異国の趣になります。細長い入り口を通ると奥にテーブル席があります。

お店のオーナーシェフでムスリムのモーセンさんは、日本に30年以上住んでいてとても流暢な日本語を話します。元々はエンジニアだったそうですが、テヘランの料理専門学校を卒業後、ホテルや新宿のレストランでシェフとして研鑽を積み、2007年に阿佐ヶ谷でジャーメ ジャムをオープンしました。ジャーメ ジャムという店名は、かつてペルシャ帝国の王様が持っていたとされる伝説の杯が由来で、その杯は世界中の景色や人々を見渡すことができる不思議な力があるそうです。その伝説の杯のように、世界中の人々が集まり楽しんでもらえる場所を作りたいという願いが込められています。基本的にオーナーシェフ1人で切り盛りしているので、お客様が何人か来ると忙しいのですが料理中もカウンター越しに、話しかけてくれるような、とても気さくでフレンドリーな方です。イラン・中東料理についてはテレビ取材を何度も受けるような実力があります。イランのイスラム事情にも詳しいので、是非美味しいペルシャ料理とともにオーナーとの会話も楽しんでみてください。

デリバリー・テイクアウト
テイクアウトはもちろん!本格イラン料理をご家庭や企業でも楽しめるデリバリー・ケータリングサービスもあります。メニューが豊富なUber Eats もご利用できます。

宅配サービスUber Eats

「 ジャーメ ジャム( Jame Jam)」 店舗基本情報

店名 ジャーメ ジャム( Jame Jam)
TEL 03-3311-3223
所在地

東京都杉並区 阿佐谷南2丁目20−7

営業時間

火~金曜日 11:30~14:30(L.O.14:00)
月~土曜日 17:00~22:30(L.O.21:30)

定休日 日曜日
予算

¥2,000~¥3,500

支払い

カード不可

駐車場 なし
対応言語
事前予約
料理説明

イラン人シェフによる本格ペルシャ料理。
お酒の提供はあるが、食べ物のメニューは全てハラル。

備考

JR中央線 阿佐ヶ谷駅 徒歩3分 21席

公式サイト
お店の公式ホームページinstagram

関連記事一覧

  1. チキンケバブライス ダブルホット&イスケンデルソース

    サライケバブ 大山店(SARAY KEBAB Oyama)

  2. スターケバブ★アキバテラス

  3. 自然派インド料理 ナタラジ荻窪店

  4. インドカレー&アジアンダイニングどんのば 赤坂本店

  5. Soup Stock Tokyo(スープストックトーキョー)渋谷マークシティ店

  6. Bolbol(ボルボル)

  7. スムージーボウル

    marugo deli ebisu (マルゴデリ恵比寿)

  8. FAR EAST BAZAAR(ファーイーストバザール)博多駅前店

  9. モーゼスさんのケバブ 秋葉原店・AKIBA STYLE(Moses’s Kebab Akihabara)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

対応可能なお店を探す

タグ