ひかる屋

ひかる屋(HIKARUYA)

ハラル ムスリムのオーナー又はシェフがいる ハラル専用キッチンで調理 ハラルの食肉を使用 ハラルの調味料を使用 豚肉不使用

推薦者・監修者

プロフィール

土岐 隆子(Takako Doki)一般社団法人 ハラル・ジャパン協会 事務局 広報・ディレクター

紹介文はコチラ現在は編集の仕事をしていますが、前職は調理師で病院やレストラン、給食業界で長年働いてきました。今思うと、そのときからすでにハラルと繋がっていたのかもしれません。
何十年も昔になりますが一時期、私はあるオークション会場内の食堂で働いていました。その会場に来る人の6割以上は外国人でした。イスラム教徒が多く、会場にモスクのようなお祈りスペースもあり肉がハラルかどうか、何の肉かなどをよく聞かれたのを覚えています。ある時期になると食堂がお祭りのように賑やかになります。隣で営業しているインド料理屋がビリヤニーやカレー、甘い飲み物を豪快に無料で来る人たち全員に振る舞うのです。食堂には真っ赤なターバンを巻いた人やガラベーヤや民族衣装を着た外国人が100人以上集まり、みんなが同じテーブルを囲いとても楽しいひと時を過ごしました。今考えてみると、あれは断食明けのイフタールで、みんなで分かち合う意味も理解できますがその当時はハラルやイスラム教についても無知で真剣に対応を考えることもありませんでした。彼らはその食堂のなかにあるインド人が作るカレーばかり食べていました。ハラルを勉強するにつれ「和食が食べたかったのに、食べることができなかったんだ。」ということに気づき、できることがあったのに何もしなかった当時を今更後悔しています。
豚が入っていなければ!小麦やそばが入っていなければ!これなら食べられるのに…「食の不自由」と言っても人それぞれ違うと思うのです。
だからこそその背景にある文化や宗教・ライフスタイルの違いなどを学習して、お互い気持ち良く美味しい食事ができる環境づくりが大切だと思うのです。
ハラル・ジャパン協会がハラルビジネスにおいて提唱しているのはHAVO(Halal, Organic, Vegetarian, Allergy)という概念です。これは宗教や様々な違いにとらわれず多くの人に食べて使ってもらえる商品やサービスを目指しましょうという考え方です。美味しくて、安心・安全な食事をしたいと願うのは万国共通です。時代は人々に国境や宗教を超えた新しい生き方を求めています。ハラルを入り口に食の不自由を解消し、もっと自由な発想で共存・共栄できる社会とその先にある世界の調和に少しでも貢献できたら幸いです。

十条商店街にハラル大衆居酒屋「ひかる屋」2023年2月10日にオープン

ひかる屋は十条駅から徒歩2分の場所にある居酒屋です。居酒屋はどこの街にも数多くあれど、ムスリムが経営している居酒屋はそうそうないでしょう。ここはなんと食べ物がほぼ全品ハラル対応という珍しい居酒屋です。ひかる屋は十条駅より十条銀座商店街に入り、衣料品を販売するポポみどりやの左側の階段から2階へ上がった場所にあります。

外観

外観

入口

入口

店長はバングラデシュ出身のアハメドさん。はじめは留学のために来日していました。そこから日本のことが大好きになり、日本で仕事をするようになります。しばらくはIT業界で働いていましたが、飲食業界の楽しさに魅了され居酒屋で働きはじめます。居酒屋メニューと日本語も働きながら学び、その後、居酒屋の副店長をつとめたあとに独立。20年以上を日本で過ごし現在は日本に帰化。日本語がとても流暢で、明るく話し上手な方です。

店内

店内

ムスリムが豚と飲酒を禁じられていることは、多くの人がご存じだと思います。ではムスリムが経営する居酒屋は矛盾していないか?と疑問をもつ方もなかにはいると思うので、店長に聞いてみました。アハメドさんによると、確かにお酒はハラムですがムスリムも日本人も含め、国籍や宗教を問わず様々な人たちが楽しめるような場所を作りたかったそうです。飲食業界で働くうちに、日本人とのコミュニケーションが生まれやすくて「人と人が仲良くなれる場所」それが居酒屋だと実感し、2023年2月に現在のお店をオープンしました。そのため、ムスリムが来ても安心して食事ができるように、豚のメニューは一切ありません。フードメニューは焼き鳥のぼんじり以外、全てハラルです。

串焼きおまかせ5本

串焼きおまかせ5本

こちらはお店で人気の手作り牛メンチカツ。衣は揚げたてサクサク、中はふっくらとしていて美味しいです。

メンチカツ

メンチカツ

物価の高騰が急激に進む昨今ですが、「お金の心配をしないで、たくさん飲んで食べてもらいたい」という店長の想いから、お店のメニューは全て低価格。オープン当初はサワーやハイボールも100円というお客様の方が心配になるレベルの激安ぶりでした。ムスリムとしてお酒で儲けるようなことはしたくないと、ほぼ原価のような価格で営業をしていましたが、現在は生ビール270円、チューハイ180円で提供。それでも十分に安いです。串焼きやお新香などの定番メニューのほか、アハメドさんの故郷のバングラデシュのおつまみやデザートも味わえる千ベロ居酒屋です。

バングラ風パフェ

バングラ風パフェ

完璧を求めないアットホームな十条感が心地いい‼フードメニューは110円からという圧倒的コスパ

ひかる屋はフードメニューが110円からというリーズナブルな価格とおもてなしの良さが特徴です。ここではお店で人気のメニューをご紹介します。ひかる屋に行ったら一度は食べてみたい!全長15㎝のドデカエビフライは297円。タルタルソースをたっぷりとつけていただきます。

ドデカエビフライ

メンチカツドデカエビフライ

クリスピーな薄い生地に野菜とチーズがたっぷりとのった人気の野菜ピザ。肉がたっぷりとのった具沢山の牛ひき肉ピザは550円。

ピザ各種550円

ピザ各種550円

ひき肉も全てハラルです。予約をすれば鶏の丸焼きなども可能とのことです。パーティーのコースもかなりお得です。ひかる屋は店長のワンオペで営業している時も多く、お店の混み具合によっては料理に時間がかかることがあります。建物もやや古く、お洒落な感じではありません。大手居酒屋チェーン店のクオリティを求めている人には不向きかもしれませんが、「激安なのに普通に美味しいしサービス良すぎ!すごく頑張ってるのが伝わってくるし店長さんが本当に親切でいい人です。」「空き部屋みたいな店内だけど綺麗です。」「細かいことは気にしない十条のイズムというか、これぞ北区だよな!!という謎の居心地の良さがあります。」
と、ネットの口コミはとても良く、店長の人柄が良いので思わず応援したくなる居酒屋です。

サモサや春巻きなどを盛り合わせたベンガルおつまみなど変わったメニューもあるので是非、お試しください。

おつまみケバブ

おつまみケバブ

「 ひかる屋(HIKARUYA)」 店舗基本情報

店名 ひかる屋(HIKARUYA)
TEL 080-3527-2651
所在地

東京都北区十条仲原1-24-10 大谷マンション 201

営業時間

月曜日〜木曜日12:00〜24:00
金曜日14:00〜24:00

定休日 水曜日
予算

2,000円 (平均)

支払い

カード可(VISA、Master、JCB、AMEX、Diners)

電子マネー可(交通系Suicaなど)、楽天Edy、WAON、iD、QUICPay

QRコード決済可(PayPay、d払い、楽天ペイ)

駐車場 なし
対応言語 バングラ語 ヒンディー語 英語
事前予約

料理説明

食べ物がハラルの居酒屋

備考

十条駅徒歩3分

公式
web siteinstagram

関連店舗一覧

  1. 一番人気の油淋鶏。手作りで安心のプレートです。

    foo’s cafe 檜氣

  2. LJ(エルジェイ)

  3. 豆乳ソフトクリーム(カップ)

    STAND POINT

  4. ヴィーガンハンバーガー

    アリサンパーク

  5. toppage-料理写真

    自然食カフェ ラレンターレ

  6. リプルチーズバーガー

    AIN SOPH. soar IKEBUKURO

  7. お惣菜

    TENZO

  8. LIGHT VEGAN TEAM ライツヴィーガン福岡

  9. 1番人気 濃厚エビ味噌と小海老のクリームソース

    Kunitachi Pasta Factory

  10. ボリュームがすごいんです。

    ボンゴカレー

  11. NICE plant-based cafe

  12. ヴィーガンカレーライス 1390円

    ONE EARTH

  13. カリーミーパプリカスタイル(麺2種類入)

    パプリカ

  14. 野菜がおいしいダイニングLONGING HOUSE北青山

  15. 職人技の手打ち麺

    中国蘭州ラーメン 火焔山蘭州拉麺 池袋店