新型コロナウイルスの影響により、掲載店舗様の営業時間やメニュー内容に変更がある場合があります。また「営業中」との表記で、宅配のみ対応をしている場合等もありますので、詳細は直接店舗までお問い合わせいただけると幸いです。
ベジチキン南蛮

駒込ナーリッシュ

ベジタリアン ヴィーガン ハラルフード 豚肉不使用 卵不使用 乳不使用 エビ不使用 カニ不使用

推薦者・監修者

川野 陽子(かわのはるこ) NPO法人 ベジプロジェクトジャパン代表 理事
紹介文はコチラ
京都大学農学部、京都大学大学院農学研究科卒
学生時代にベジプロジェクトを作り、学生食堂へのベジメニューを導入。現在は、大学や企業、飲食店、自治体と協力しながらヴィーガン・ベジタリアンの選択肢を広げる活動を進めている。ベジタリアンとして著名なポールマッカートニー氏、コリンキャンベル氏とのインタビュー、ベジタリアン・ヴィーガンのアドバイザー、講師などを行っている。

自然栽培野菜を中心としたレストラン「駒込ナーリッシュ」

駒込ナーリッシュは東京都駒込駅(JR山手線、東京メトロ南北線)より徒歩1分の自然野菜レストランです。
一人で来店したため少しドキドキしながらお店のドアを開けましたが、そんな緊張も優しく包み込んでくれるような木を基調とした暖かな雰囲気のお店でした。

お店は階段をのぼった二階にあります。

店内

店内

階段

階段

「自然栽培」とは、肥料や農薬には頼らず、植物と土が本来持つ自然の力をいかんなく引きだす永続的かつ体系的な農業方式です。肥料を用いて栽培した作物は窒素分が多くなってしまい、この窒素分がエグ味に繋がります。また窒素分は発がん性と関係しているとも言われているなど、様々なデメリットがあります。
一方で、自然栽培で栽培された作物にはエグ味や発がん性の心配はなく、野菜本来の味を楽しむことができます。子どもの野菜嫌いは「苦味」が原因であることが多いため、駒込ナーリッシュに来店されるお子様はおいしそうに野菜を食べてくれるそうです。
そんな魅力的な自然栽培は、国内において実は農家さん全体の0.03%以下でしか行われていません。このような大変貴重な自然栽培で育った作物を、「駒込ナーリッシュ」で味わうことができます。

1番人気のベジチキン南蛮

大豆ミートを使用しサクッと揚げたから揚げを甘めの南蛮ダレに絡めた一品です。

ベジチキン南蛮

ベジチキン南蛮

大豆ミートにはしっかりと味が付いているため、そのまま食べてもとてもおいしかったです。自家製の豆乳タルタルソースはあっさりとしていて、しっかりと味のしみ込んだ大豆ミートとの相性は抜群でした。このソースに使用される豆乳マヨネーズは、有機豆乳とマルトリ米酢と国産の低温圧搾菜種油が使用されていて、原料にもこだわり店内で作られています。
ベジチキン南蛮の食感は肉汁が溢れてきそうなほどジューシーで、まさに本物のお肉を食べているよう。初めて召し上がられた方のほとんどが「本当にお肉じゃないの!?」と驚かれるそうです。大豆ミートと言われなければ気が付かない方も多く、そのため初めてヴィーガン料理を食べる方にとっても、大変満足感の高い一品だと感じました。

ベジチキン南蛮には、ごはん・お味噌汁・サラダ・お漬物が付きます。 お味噌汁には駒込ナーリッシュのこだわりである自然栽培の野菜がふんだんに使用されています。またお味噌汁で最も重要なのは味噌。この味噌にも大変こだわられていて、福井県マルカワみその蔵付き天然菌麹で仕込んだ自然栽培原料の米味噌【蔵の郷】が使用されています。 なんとこのお味噌汁、ランチタイムに来店するとおかわり無料です。

こだわりの詰まったお味噌汁がおかわり無料だなんて、とっても贅沢ですね。ちなみにこの味噌は店内で購入することもできます。

味噌汁

味噌汁

豊富なメニュー

ヴィーガンレストランの中でも珍しいほどに、駒込ナーリッシュでは酢豚、コロッケ、ハンバーガー、カレー、スープなどメニューは多岐にわたります。

ベジ酢豚

ベジ酢豚

ぽてさらコロッケサラダプレート

ぽてさらコロッケサラダプレート

ナーリッシュバーガー

ナーリッシュバーガー

野菜と食べるキーマカレー

野菜と食べるキーマカレー

スープ

スープ

ディナーメニューではフライドポテトや春巻きなどのおつまみも楽しむことができます。
キッズプレートやコースメニューもあるため、小さなお子様を連れてのランチやご友人とのおしゃれなディナーなど、利用シーンは様々です。

食後にはデザートを

駒込ナーリッシュ定番の味噌ブラウニーをいただきました。

このブラウニーには先ほど紹介した米味噌【蔵の郷】が隠し味として使用されています。味噌の風味を殺さないようにするため、ブラウニーを焼く直前に味噌を混ぜているそうです。ブラウニーには南米産の厳選されたカカオが贅沢に使用されているため、とても濃厚でした。また細かく刻んだナッツが食感のアクセントとなっています。そのまま食べてももちろんおいしいのですが、豆乳ホイップをつけるとブラウニーがしっとりしてより一層深みのある味を楽しむことができます。

味噌ブラウニー

味噌ブラウニー

駒込ナーリッシュの思い

「野菜を美味しく食べてもらいたい!」という思いは、ヴィーガン・ベジタリアンの方々にのみ向けたものというよりも、普通に毎日生活している方全てに向けた思いです。
「美味しい野菜を食べて、楽しい時間をあのお店で過ごそう」、「野菜不足だからあそこのお店で食べよう」、「テイクアウトでも健康に気をつけたい」このように考えている方が足を運ばれます。皆さまもぜひ訪問されてみてください。

(文:井上千帆里)

テイクアウト
ベジチキン南蛮(160円)、アジアンプレート(1180円)、ベジ酢豚(1260円)、野菜と食べるキーマカレー(1050円)、テンペのてり焼きサラダごはん(1180円)、ナーリッシュサラダ(980円)、コロッケバーガー(1080円)、ナーリッシュバーガー(1080円)※味噌汁なし、毎週水曜はお客様デー全品1000円、電話受付時間(10:00-14:00)お渡し時間(11:30-14:30)

「 駒込ナーリッシュ」 店舗基本情報

店名 駒込ナーリッシュ
TEL 03-3944-8300
所在地

〒170-0003 東京都豊島区駒込1丁目37−8 コーポ市川2F

営業時間

11時30分~14時30分(ラストオーダー14時) 金、土のみ 18時00分〜22時00分(ラストオーダー21時)

定休日 年末年始
予算

¥1,000~¥1,999

支払い

カード(VISA、Master、JCB、UnionPay、AMEX、Diners、DISCOVER)
電子マネー(交通系電子マネー、ApplePay、iD、QUICPay)

駐車場
対応言語 中国語(非常勤) 
事前予約

予約可能

料理説明

全てヴィーガン対応

備考
公式サイト
website

関連記事一覧

  1. metime(ミータイム)

  2. 野菜とマトンの2種カレー

    パキスタンレストラン マルハバ (MARHABA PAKISTAN RESTAURANT)

  3. バンゲラズ キッチン 神保町

  4. Soup Stock Tokyo(スープストックトーキョー)渋谷マークシティ店

  5. チキンケバブサンドとアイラン

    ケバブカフェ エルトゥールル(kebabcafe Ertugrul)

  6. Bolbol(ボルボル)

  7. サライケバブ北千住店 (SARAY KEBAB Kitasenju)

  8. 職人技の手打ち麺

    中国蘭州ラーメン 火焔山蘭州拉麺 池袋店

  9. スターケバブ★アキバテラス

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

対応可能なお店を探す

タグ