ゼロツーナシカンダールトーキョー(Zero Two Nasi Kandar Tokyo)

ベジタリアン ハラル ハラル専用キッチンで調理 ハラルの食肉を使用 ハラルの調味料を使用 豚肉不使用

推薦者・監修者

プロフィール

土岐 隆子(Takako Doki)一般社団法人 ハラル・ジャパン協会 事務局 広報・ディレクター

紹介文はコチラ現在は編集の仕事をしていますが、前職は調理師で病院やレストラン、給食業界で長年働いてきました。今思うと、そのときからすでにハラルと繋がっていたのかもしれません。
何十年も昔になりますが一時期、私はあるオークション会場内の食堂で働いていました。その会場に来る人の6割以上は外国人でした。イスラム教徒が多く、会場にモスクのようなお祈りスペースもあり肉がハラルかどうか、何の肉かなどをよく聞かれたのを覚えています。ある時期になると食堂がお祭りのように賑やかになります。隣で営業しているインド料理屋がビリヤニーやカレー、甘い飲み物を豪快に無料で来る人たち全員に振る舞うのです。食堂には真っ赤なターバンを巻いた人やガラベーヤや民族衣装を着た外国人が100人以上集まり、みんなが同じテーブルを囲いとても楽しいひと時を過ごしました。今考えてみると、あれは断食明けのイフタールで、みんなで分かち合う意味も理解できますがその当時はハラルやイスラム教についても無知で真剣に対応を考えることもありませんでした。彼らはその食堂のなかにあるインド人が作るカレーばかり食べていました。ハラルを勉強するにつれ「和食が食べたかったのに、食べることができなかったんだ。」ということに気づき、できることがあったのに何もしなかった当時を今更後悔しています。
豚が入っていなければ!小麦やそばが入っていなければ!これなら食べられるのに…「食の不自由」と言っても人それぞれ違うと思うのです。
だからこそその背景にある文化や宗教・ライフスタイルの違いなどを学習して、お互い気持ち良く美味しい食事ができる環境づくりが大切だと思うのです。
ハラル・ジャパン協会がハラルビジネスにおいて提唱しているのはHAVO(Halal, Organic, Vegetarian, Allergy)という概念です。これは宗教や様々な違いにとらわれず多くの人に食べて使ってもらえる商品やサービスを目指しましょうという考え方です。美味しくて、安心・安全な食事をしたいと願うのは万国共通です。時代は人々に国境や宗教を超えた新しい生き方を求めています。ハラルを入り口に食の不自由を解消し、もっと自由な発想で共存・共栄できる社会とその先にある世界の調和に少しでも貢献できたら幸いです。

2022年2月にオープン‼ 日本初のマレーシア系インド料理のワンプレート飯専門店「ゼロツー ナシ カンダールトーキョー」

ゼロツーナシカンダールトーキョーは、2022年2月にオープンした大手町駅から徒歩5分の場所にあるナシカンダール専門店です。

Zero Two Nasi Kandar Tokyo

Zero Two Nasi Kandar Tokyo

ナシカンダールとは…
ビュッフェのようにライスとお好みのカレーや惣菜をモリモリのっけて食べる、マレーシアで人気のワンプレート定食!そのルーツは昔、インド系の行商人が天秤棒(カンダール)を担いでおかずとご飯(ナシ)を売り歩いていたことからナシカンダールと呼ぶようになったと言われています。マレーシアは多民族国家のため、マレー系、中華系、インド系がフュージョンしそれぞれ独自の進化を遂げたような料理が存在します。ナシカンダールはどちらかといえば、ムスリムが作るマレーシア系インド料理がニュアンス的に近いのかもしれません。

全部のせ ナシカンダール

全部のせ ナシカンダール

現地と同様に、カレーや副菜を自由にカスタマイズできるのが特徴で、全メニューハラール対応・調味料もアルコールを含むものは一切使用していません。野菜を使用したカレーや副菜も多く取り揃えていますので、組み合わせを変えればヘルシーなベジタリアンメニューにも対応できます。

インド風ベジマークの惣菜

インド風ベジマークの惣菜

これであなたもナシカンダールマスター!オーダー方法を徹底攻略

お店のオーナーはマレーシア人かと思いきや日本の方でムスリムでもありません。元々大阪で南インド料理屋を経営していた立田さんは、関空を使ってしょっちゅうインドへ行っていました。経由地マレーシアでナシカンダールに出会い、インドカレーとはまた違った美味しさに感動し、いずれは東京でやりたいと思っていたそうです。そして2022年、夢叶いオープンに至りました。

立田オーナー

立田オーナー

ゼロツーナシカンダールトーキョーの料理は、マレーシアのペナンとクアラルンプールでナシカンダールを食べ歩きしたオーナーが、最も好きなメニューを取り入れたオリジナルレシピで作られています。食材は国産の新鮮な野菜と肉や魚、渥美半島の厳選素材を使用しています。また、現地でムスリムの嗜好や調理方法も学び、よそでは食べれないようなメニューの開発をしています。例えばこの日のメインにあるラムカツは、肉がハラールでカツレツ風になっています。ハラールのチキンカツはあってもラムカツは結構ありそうでない珍しい一品なのです。

ラムカツ

ラムカツ

ワカサギの唐揚げもベサンパウダーというひよこ豆の粉で揚げているそうです。カレーは6種類あります。どれを2種類選んでも味が被らないようにそれぞれ異なるベースを使用しているそうで、どれも手の込んだ料理というイメージです。そしてお店に着いて驚くのがその種類の多さです。

種類が多くて迷う

種類が多くて迷う

ライス、副菜、カレー、メインをワンプレート盛るナシカンダールは全てカスタマイズなので、選ぶポイントや注文方法を知っておくとスムーズです。

注文方法 
①メインを選ぶ
②ライスの種類、量を選ぶ
③副菜を3種類選ぶ
④カレーを2種類選ぶ
●ライスのチョイス※1つ選べます
ベーシック
ナシブリヤーニイ(スパイスライス)
●副菜※3種類選べます
ライタ
パチャディ
青菜炒め
キャベツニンニクの芽炒め
カブココナッツ煮
パクチーとバミセリの和え物
●カレーチョイス※2つ選べます
チキン
ポテビーフ
エビイカ
ダール
ベジ(野菜は京にんじん、蓮根)
鴨マサラ
●メイン
マサラエッグ
チキン
ラムカトゥレット
フィッシュフィンガーフライ
ポテトギーロースト

メニューとオーダー方法

メニューとオーダー方法

お得なのはゆめまる店長のおすすめナシカンダール。迷ったらとりあえずメインが全種類のった全部のせを選んでみてはいかがでしょうか。

テイクアウトも映える!みんなが美味しく食べられるナシカンダール

ゼロツーナシカンダールトーキョーは、ビールの販売はしていても食事のメニューは全てハラールです。味付けはベースを激辛にしていないので、マレーシアの屋台のように食べられないレベルの辛さのものはありません。使用するハーブやスパイスも特徴的で、パンダンリーフ、ライムリーフ、スターアニス、タイなどの東南アジアで使うハーブが入っています。そしてお持ち帰りはなんと、サービスでバナナの葉に包んでくれます。葉に包んだままレンジでチンすると葉で蒸されてより美味しく感じます。インスタ映え間違いなしでこちらもおすすめです。ピンクのソースはビーツとヨーグルトのパチャディです。

テクアウト用のエッグ ナシカンダール

テクアウト用のエッグ ナシカンダール

平日はオフィス街で働く人、土日は在日ムスリムで賑わっているそうです。カレー屋の多い東京でも、ナシカンダール専門店は無いので是非一度お試しください。

「 ゼロツーナシカンダールトーキョー(Zero Two Nasi Kandar Tokyo)」 店舗基本情報

店名 ゼロツーナシカンダールトーキョー(Zero Two Nasi Kandar Tokyo)
TEL 03-5542-1203
所在地

千代田区大手町1-9-2グランキューブ1F
Otemachi-grandcube1F 105,1-9-2,Otemachi,Chiyoda-ku,Tokyo

営業時間

11:30~21:00 (ラストオーダー20:30)

定休日 年中無休
予算

1,000円~

支払い

Pay pay, Apple pay, QUICPay, Suica, PASMO 他 /各種クレジットカード(VISA, MASTER, JCB, AMEX)

駐車場 グランキューブ駐車場
対応言語 日本語・英語
事前予約
料理説明

マレーシアで人気のワンプレート定食「ナシカンダール」専門店

備考

・大手町駅から徒歩5分・神田駅から徒歩10分・東京駅から徒歩10分

公式
facebook

関連店舗一覧

  1. 一番人気のヴィーガンヌードル

    Chipoon

  2. バンゲラズ キッチン 銀座(Bangera’s Kitchen Ginza)

  3. 「旬野菜のジンジャーソース」

    みかわや

  4. スムージーボウル

    marugo deli ebisu (マルゴデリ恵比寿)

  5. インド料理&バー カザーナみなとみらい店

  6. ワンプレートごはん

    mique

  7. 雑穀アマランサスのマカロン

    mirokÜ 八幡町店

  8. 出店の様子

    良質計画

  9. Main 竹炭の玄米ツリーパスタ

    a good table`Chariot(チャリオット)

  10. 特製タンメン ¥680

    麺屋 帆のる エクスプレス 大塚店

  11. 太陽と大地の食卓 T’s レストラン 自由が丘

  12. 最後に食べて欲しい”琉球ラクサ”

    自然派食堂 タマテバコ

  13. 株式会社ワタトー

  14. サムラート 南青山店

  15. おやさいや菜