麻陽 Asahi

ベジタリアン ヴィーガン

推薦者・監修者

プロフィール

亀崎 智子(Satoko Kamezaki)管理栄養士

紹介文はコチラ京都府立大学の管理栄養士養成過程を卒業後、食品製造会社の製造現場、食品会社にて商品企画、某コンビニの地区限定のパスタやサンドウィッチ・惣菜パンの新商品開発の業務に従事する。
転職の合間には、フードコーディネーターの学校に通学したり、フードコーディネーターやスタイリストの先生の撮影や料理教室のアシスタントも経験する。

妊娠を機に退職後、再度、カラダのことについての勉強をし、現在は5歳の双子の男の子の育児(薬になるべく頼らずに自然療法なども利用しながら、可能な限り無添加な自然に近いものを取り入れて免疫力の高い子育てを実践中)をしながら自宅(たまに出張講座も行い中)にてかめごはんの料理教室を主宰し主に無添加ふりかけ講座やファスティングの講座を開催し、食べ方と出し方についてお伝えしている。また、現在はオステオパシー整体の施術者としても、カラダを整えるお手伝いをしています。

キッチンカーとCafeの二足の草鞋のヘンプベジ

キッチンカーと糸島の二丈の目の前に海が広がっている場所でCafeを営んでいる『麻陽』さん。

外観写真

外観写真

店内写真

店内写真

現在は週4日は、キッチンカーでの出動。残り2日は糸島にある麻陽Cafeを開いているそう。
ただし、Cafeの方は、事前予約必須です。
予約がない場合には、買い出しや仕込みの時間にあてることもあるそうなので、事前に予約をして訪れることを忘れないようにお気をつけ下さい。

オーナー牧山さん

オーナー牧山さん

オーナーの牧山さんは、湘南・鎌倉・伊勢といろいろなところをまわってきて、地元福岡に戻ってきて、糸島に拠点をもち、『麻陽』をスタートされました。
鎌倉でオーガニックと麻をテーマにした「THE ORGANIC & HEMP STYLECAFE& BAR 麻心(まごころ)」で働いたことをきっかけに、食の世界に足を突っ込んだとのこと。

その縁もあり、現在は、ヘンプベジを掲げて美味しい食事の提供をされています。ヘンプベジのキッチンカーは、きっとどこを探しても他には見つからないはずであるため、ぜひ、1度食べてもらいたいです。

ヘンプベジという聞き慣れない人も多い分野ではありますが、オーナーの牧山さんは
「食事の種類に関係なく、どんな人も美味しく食べることができるもの。ベジではない人も美味しいから麻陽のごはんを食べたい」
『ベジタリアンでなくても大満足!』
そう思ってもらえるようなメニュー作りを心がけているそうです。

店内写真

店内写真

また、無農薬・無添加・化学調味料不使用でもあり、美味しいだけでなく、安心して食べることができるのです。

絶品ベジタコライスは食べて欲しいキッチンカー

メインは、キッチンカー麻陽でのお食事提供になります。

キッチンカー

キッチンカー

キッチンカーにおいては、提供のしやすさや食品ロスを少しでも減らすという点から、メニューは絞って、タコスとタコライスを用意しています。

ベジタコス

ベジタコス

メインのベジタコスミートは、糸島のCafeの近くの朝採れやオーガニック、無農薬のものをたっぷりと使用してうま味たっぷりな味わいを楽しめます。
お米も無農薬米、自家製の豆腐マヨネーズを使用しており、心も体も喜ぶタコスとタコライスを味わえます。
そして、ヘンプベジといわれることもあり、すべての素材においてパワーフードでもある麻の実が使用されているのが特徴です。

ベジタコライス

ベジタコライス

先日は、タコライスをいただき、ボリュームもあってかなり食べごたえがありました。しかし、ベジであるため、意外とぺろりと完食してしまいました。
男性でも満足いくボリューム感です。
お好みで、パクチーやハラペーニョのトッピングをすることもできるため、パクチー好き、辛い物好きの方は、ぜひ試してみるのもよいでしょう。

プラスチック削減にも取り組み中

プラスチック削減にも取り組み中

また、プラスチックゴミの削減にも取り組まれている麻陽さんのテイクアウトでは、バガス(サトウキビの搾りかす)、竹素材容器と木のスプーンを使用していることも特徴のひとつです。

福岡県内のいろいろなイベントなどに出店されているため、気になる方は、インスタやFacebookページにて、出店情報を案内しています。ぜひ、チェックして訪れてくださいね。

1度は食べてもらいたい海を臨みながらのヘンプベジプレート

基本は事前予約をすることで楽しむことができるCafe麻陽。

店内写真

店内写真

こちらでは、もちろん、看板メニューでもあるベジタコライスを食べることもできますが、キッチンカーでは食べることができない定食スタイルの日替わりベジプレートやスパイスココナッツカレーなども堪能することができます。

日替わりベジプレート

日替わりベジプレート

今回は、日替わりのベジプレートをいただきました。
ツヤツヤした無農薬米の上には、たっぷりの麻の実がトッピング。
メインは、高野豆腐とテンペのカツ。上には、ソースと麻の実がもちろんトッピング。高野豆腐とテンペのカツはそれぞれ食感も違うため、飽きることなく食べることができたとともに、ボリュームもしっかりとあり、満足感が高かったです。
また、サラダやピクルスなど副菜系も麻の実がしっかりとトッピングされており、美味しく食べることができました。
スープはオプションでつけることができますが、今回は、お野菜をたっぷりと煮込んで作られたポタージュ仕立て。こちらもとても美味しい味わい。

麻陽さんのこだわり

麻陽さんのこだわり

現在は、約7割がオーガニックの野菜を使用しているとのことで、今後はもっと、使用量を増やしていくことも考えているそうです。野菜を美味しく食べることができるヘンプベジ1度体験してみてはどうでしょうか?

デリバリー・テイクアウト弁当、パーティーフードなどのご依頼も受け付け可能

「 麻陽 Asahi 」 店舗基本情報

店名 麻陽 Asahi
TEL
所在地

福岡県糸島市二丈鹿家2553-1

営業時間

麻陽Cafe: 火、金 予約制
キッチンカー出店:インスタにて案内あり

定休日
予算
支払い

現金

駐車場 あり
対応言語
事前予約
料理説明
備考
公式
facebookinstagram

関連店舗一覧

  1. ベンガルビストロ スナリ南大塚店(Bengali Bistro SUNALI Minami Otsuka Branch)

  2. 店内

    人と食をつなげるダイニングバー Linio

  3. naturry ナチュリー ナチュラルカレー

  4. 和のかし巡

  5. お惣菜

    TENZO

  6. フムスサンド ¥500

    サライケバブ高田馬場店( SARAY KEBAB Takadanobaba)

  7. バターチキン

    シディーク秋葉原 神田須田町店

  8. ケール、ファラフェル、雑穀がたっぷり入ったロールサンド、シャワルマ

    CARVAAN Delicatessen&Beer stop しぶちか店

  9. ゼロツーナシカンダールトーキョー(Zero Two Nasi Kandar Tokyo)

  10. オーガニック御膳は、日頃の野菜不足をしっかりと解消してくれます。ドリンクは+100円、スイーツは+200円で追加可能。

    さぬき母めしカフェ

  11. ちゃぶや咖喱魚 ソラリアステージ

  12. 『豆乳グラタン風なすクリームパスタ』と野菜小鉢

    まめそら食堂

  13. デトックス・ローフードプレート

    自然食&ローフード ロハス

  14. 生姜焼き丼

    VEGAN STORE

  15. コウソカフェビオライズ(KO-SO CAFE BIORISE)