新型コロナウイルスの影響により、掲載店舗様の営業時間やメニュー内容に変更がある場合があります。また「営業中」との表記で、宅配のみ対応をしている場合等もありますので、詳細は直接店舗までお問い合わせいただけると幸いです。

マハラジャビリヤニ(Maharaja Biryani)

ハラルフード ムスリムのオーナー又はシェフがいる ハラル専用キッチンで調理 ハラルの食肉を使用 ハラルの調味料を使用 豚肉不使用 アルコール飲料の提供なし ベジタリアン

推薦者・監修者

土岐 隆子 一般社団法人 ハラル・ジャパン協会 事務局 広報・ディレクター
紹介文はコチラ
現在は編集の仕事をしていますが、前職は調理師で病院やレストラン、給食業界で長年働いてきました。今思うと、そのときからすでにハラルと繋がっていたのかもしれません。何十年も昔になりますが一時期、私はあるオークション会場内の食堂で働いていました。その会場に来る人の6割以上は外国人でした。イスラム教徒が多く、会場にモスクのようなお祈りスペースもあり肉がハラルかどうか、何の肉かなどをよく聞かれたのを覚えています。ある時期になると食堂がお祭りのように賑やかになります。隣で営業しているインド料理屋がビリヤニーやカレー、甘い飲み物を豪快に無料で来る人たち全員に振る舞うのです。食堂には真っ赤なターバンを巻いた人やガラベーヤや民族衣装を着た外国人が100人以上集まり、みんなが同じテーブルを囲いとても楽しいひと時を過ごしました。今考えてみると、あれは断食明けのイフタールで、みんなで分かち合う意味も理解できますがその当時はハラルやイスラム教についても無知で真剣に対応を考えることもありませんでした。彼らはその食堂のなかにあるインド人が作るカレーばかり食べていました。ハラルを勉強するにつれ「和食が食べたかったのに、食べることができなかったんだ。」ということに気づき、できることがあったのに何もしなかった当時を今更後悔しています。
豚が入っていなければ!小麦やそばが入っていなければ!これなら食べられるのに…「食の不自由」と言っても人それぞれ違うと思うのです。
だからこそその背景にある文化や宗教・ライフスタイルの違いなどを学習して、お互い気持ち良く美味しい食事ができる環境づくりが大切だと思うのです。
ハラル・ジャパン協会がハラルビジネスにおいて提唱しているのはHAVO(Halal, Organic, Vegetarian, Allergy)という概念です。これは宗教や様々な違いにとらわれず多くの人に食べて使ってもらえる商品やサービスを目指しましょうという考え方です。美味しくて、安心・安全な食事をしたいと願うのは万国共通です。時代は人々に国境や宗教を超えた新しい生き方を求めています。ハラルを入り口に食の不自由を解消し、もっと自由な発想で共存・共栄できる社会とその先にある世界の調和に少しでも貢献できたら幸いです。

何度も食べたい癖になる味!金曜日の特別ランチメニュー「マトンビリヤニ」

マハラジャビリヤニは代々木上原駅から徒歩10分の場所にあるインド・パキスタン料理のレストランです。代々木上原駅からは、モスクのミナレットが見える東京ジャーミイのを目指して歩き、さらに通り越した先の交差点の辺りにあります。ブルーの扉に2階にパキスタンの旗やカレーの看板があります。

マハラジャビリヤニ (Maharaja Biryani)

マハラジャビリヤニ (Maharaja Biryani)

店内

店内

代々木周辺のスタイリッシュな街並みのなか、突如現れた古い建物の見た目がちょっとレトロな感じにビックリされるかもしれませんが、実はここはビリヤニやカレーが美味しいお店です。ビリヤニは中東やインド周辺などでよく食べられている、バスマティライスにスパイスと肉や魚を入れて炊き込んだピラフのような米料理です。イスラム教ではお祭りやお祝いのおもてなし料理としても欠かせません。マハラジャビリヤニのオーナーはパキスタン人でシェフはインド人ムスリムです。金曜日は美味しいビリヤニのメニューを目当てに訪れるファンが多い隠れた名店なのです。

マトンビリヤニ ¥1,200

マトンビリヤニ ¥1,200

ビリヤニはピラミッドのような山形でお皿に盛られてきます。炊き方にこだわったビリヤニはお米の色が蛍光オレンジ、白、黄色、揚げ玉ねぎの茶色と見た目がカラフルです。ビリヤニの具はお米の山のなかに埋め込まれていて、下には煮込んだ肉がごろごろと入っています。

ハラルのマトン

ハラルのマトン

やわらかく煮こまれたラム肉のソースがお米に混ざりしっとりしている部分とパラパラのライスの部分の強弱が面白いです。ヨーグルトソースをかけると辛さと酸味が合わさって絶妙な味わいになります。しゃばしゃばのヨーグルトソースには、刻んだきゅうりなどの野菜とクミンシードが入っていて、全体にかけてぐちゃぐちゃに混ぜてしっとりさせて食べると美味しいですよ。

日本では日曜日がお休みですがイスラム圏では金曜日がお休みであり、一週間のなかでも神に祝福された特別な日です。男性は集団礼拝の日なので金曜日はモスクに多くの人が集まり、このお店にもムスリムがよく訪れています。女性はお店に入るのに勇気がいると思いますが、お得なレディースランチセットや野菜たっぷりのベジタリアンメニューもありますよ。

ベジタリアンメニュー

ベジタリアンメニュー

近くにモスクもあるので是非、イスラムの文化と一緒に美味しいハラルの食事も味わってみてください。

見学自由の「東京ジャーミイ」とセットで訪れたい「マハラジャビリヤニ」

マハラジャビリヤニとともに訪れたいのがお店から歩いて5分の場所にある、国内最大のモスク、東京ジャーミイ・トルコ文化センターです。1階は文化センターで食品が買えるハラールマーケットや本屋もあります。2階は礼拝堂です。ブルーのドーム型の吹き抜けの天井にあるアラベスク模様やステンドグラスは息をのむ美しさです。イスラム教徒の女性はさらにらせん状の階段を上がったところでお祈りします。モスクによってはイスラム教徒以外は入れない場所もありますが、東京ジャーミイは特別なイベント以外は誰でも見学自由なので是非、行ってみてください。

東京ジャーミイ

東京ジャーミイ

デリバリー・テイクアウト
電話予約でテイクアウトOK!UberEatsもご利用できます。
・インド弁当¥550
・ドライカレー弁当¥690
・チキンビリヤニ弁当¥780(金曜日限定)
・選べるカレー(チキン・キーマ・ダル・野菜)弁当¥680~

宅配サービスUber Eats

「 マハラジャビリヤニ(Maharaja Biryani)」 店舗基本情報

店名 マハラジャビリヤニ(Maharaja Biryani)
TEL 03-3468-4540
所在地

東京都世田谷区北沢4-33-11

営業時間

11:00~15:00(L.O.14:30)
17:00~23:00(L.O.22:30)

定休日 月曜日
予算

¥690~¥2,000

支払い

PAYPAY

駐車場 無し
対応言語 日本語・英語・ヒンディー語
事前予約

料理説明

ハラルのインド・パキスタン料理
お酒のメニュー無し。全メニューハラル。

備考

代々木上原駅下車10分
東京モスク「東京ジャーミイ(TokyoCamii)」から徒歩5分
21席

公式サイト
websiteinstagram

関連記事一覧

  1. サライケバブ雷門店(SARAY KEBAB Kaminarimon)

  2. プレーンナンとカレー(キーマ・野菜・チキン)

    東京ハラルデリ&カフェ(Tokyo Halal Deli&Cafe)

  3. チキンケバブライス ダブルホット&イスケンデルソース

    サライケバブ 大山店(SARAY KEBAB Oyama)

  4. ビーツとマイクロリーフを使った前菜

    ソンブルイユ

  5. 薬膳食堂ちゃぶ膳

  6. フムスサンド ¥500

    サライケバブ高田馬場店( SARAY KEBAB Takadanobaba)

  7. T’s たんたん 成田空港第2ターミナル店

  8. 焼きチーズケバブサンド(Grilled Hellim Cheese & Kebab Sand)

    スターケバブtake away秋葉原本店

  9. 大会優勝料理

    Le Restaurant Haze 古民家レストランはぜ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

対応可能なお店を探す

タグ