新型コロナウイルスの影響により、掲載店舗様の営業時間やメニュー内容に変更がある場合があります。また「営業中」との表記で、宅配のみ対応をしている場合等もありますので、詳細は直接店舗までお問い合わせいただけると幸いです。

NASCO KEBAB

ハラルフード ムスリムのオーナー又はシェフがいる ハラル専用キッチンで調理 ハラルの食肉を使用 ハラルの調味料を使用 豚肉不使用 アルコール飲料の提供なし お祈りスペースあり

推薦者・監修者

土岐 隆子 一般社団法人 ハラル・ジャパン協会 事務局 広報・ディレクター
紹介文はコチラ
現在は編集の仕事をしていますが、前職は調理師で病院やレストラン、給食業界で長年働いてきました。今思うと、そのときからすでにハラルと繋がっていたのかもしれません。何十年も昔になりますが一時期、私はあるオークション会場内の食堂で働いていました。その会場に来る人の6割以上は外国人でした。イスラム教徒が多く、会場にモスクのようなお祈りスペースもあり肉がハラルかどうか、何の肉かなどをよく聞かれたのを覚えています。ある時期になると食堂がお祭りのように賑やかになります。隣で営業しているインド料理屋がビリヤニーやカレー、甘い飲み物を豪快に無料で来る人たち全員に振る舞うのです。食堂には真っ赤なターバンを巻いた人やガラベーヤや民族衣装を着た外国人が100人以上集まり、みんなが同じテーブルを囲いとても楽しいひと時を過ごしました。今考えてみると、あれは断食明けのイフタールで、みんなで分かち合う意味も理解できますがその当時はハラルやイスラム教についても無知で真剣に対応を考えることもありませんでした。彼らはその食堂のなかにあるインド人が作るカレーばかり食べていました。ハラルを勉強するにつれ「和食が食べたかったのに、食べることができなかったんだ。」ということに気づき、できることがあったのに何もしなかった当時を今更後悔しています。
豚が入っていなければ!小麦やそばが入っていなければ!これなら食べられるのに…「食の不自由」と言っても人それぞれ違うと思うのです。
だからこそその背景にある文化や宗教・ライフスタイルの違いなどを学習して、お互い気持ち良く美味しい食事ができる環境づくりが大切だと思うのです。
ハラル・ジャパン協会がハラルビジネスにおいて提唱しているのはHAVO(Halal, Organic, Vegetarian, Allergy)という概念です。これは宗教や様々な違いにとらわれず多くの人に食べて使ってもらえる商品やサービスを目指しましょうという考え方です。美味しくて、安心・安全な食事をしたいと願うのは万国共通です。時代は人々に国境や宗教を超えた新しい生き方を求めています。ハラルを入り口に食の不自由を解消し、もっと自由な発想で共存・共栄できる社会とその先にある世界の調和に少しでも貢献できたら幸いです。

異国情緒溢れるムスリムの台所!イスラム横丁のハラル食品店にあるケバブ屋

新大久保といえばコリアンタウンが有名ですが、最近はスパイスやエスニック食材が安いと密かにブームになっている場所をご存知でしょうか。新大久保駅は改札を出て右に行くとコリアンタウン、左が中華系、そして横断歩道を渡り薬局の道を真っすぐに進むとハラル食品の店舗が並ぶ通称「イスラム横丁」に出ます。韓国グルメやコスメを目当てに訪れる観光客から一転し、イスラム横丁では白いガラベーヤやヒジャブをまとうムスリムで賑わいます。ここではネパールやインド・パキスタン系のショップが軒を連ね、ハラルの食品を安く買うことができます。八百屋にはドリアンが売っていたり、横丁と言うよりはマーケットのイメージに近いかもしれません。ナスコケバブはイスラム横丁の中心にある、GREEN NASCOというインド系スーパーの店頭にあるケバブ店です。

イスラム横丁のシンボルマーク GREEN NASCO

イスラム横丁のシンボルマーク GREEN NASCO

お茶目な店員の呼び込みの声につられて、ついつい立ち寄ってしまいます。トルコ人のスタッフが手際よく肉をカットしてケバブサンドを作っています。メニューはシンプルで4つしかありません。

肉はチキンかビーフ、またはMIXから選べます。おすすめは一番安い400円のチキンのメニュー。幅広にカットされた大判チキンにスライストマト、下にはシャキシャキのキャベツがたっぷりと入っています。

NASCO KEBAB メニュー

NASCO KEBAB メニュー

陽気なトルコ人スタッフ

陽気なトルコ人スタッフ

チキンケバブサンド ¥400

チキンケバブサンド ¥400

肉はボリューム満点。ソースはあっさりとした味で安くて美味しいと評判も高く、外国人観光客や周辺で働くムスリムたちも食べに来ています。テイクアウト専門なのでゆっくり味わいたい人には向いていませんが、誰かと立ち話しをしたり、異国感満載な東京ディープを味わいたい方にはかなりおすすめです。こちらからで腹ごしらえをして街歩きをするのも楽しいですよ。

ビルの4階にあるモスクはムスリムの憩いの場

イスラム横丁のシンボルマーク的存在のGREEN NASCOは、インド人が経営するハラル食品の老舗スーパーです。店内には所狭しとインドの食品を中心にパキスタンや中東のハラル食品も陳列されています。

インドのお菓子ナムキーンと豊富な種類の豆

インドのお菓子ナムキーンと豊富な種類の豆

総菜やスイーツもあります

総菜やスイーツもあります

そしてGREEN NASCOの入るビルの4階にはモスクがあります。お店の外から雑居ビルの階段を上がっていくと男性用と女性用で分れた部屋があります。ここは近隣で働くムスリムが中心に訪れ、礼拝の目的で使用されています。礼拝の時間になると、お店を10分程度閉めてここへお祈りしに来ている姿もよく見かけます。

4階にあるモスク

4階にあるモスク

イスラム横丁と言っても様々な人々が共存しています。向かいはベトナム料理屋で隣のネパールのお店の人たちはヒンドゥー教、上の階は韓国のハングルの看板があり、その先はパキスタンのイスラム教徒のお店など様々な宗教と言語が飛び交います。この周辺はイスラムの文化に触れるのにはもってこいの場所であると同時に、東京にいながらエネルギッシュな南西アジアの雰囲気が味わえる珍しい場所です。そんな多様な文化の交差点にあるのがイスラム横丁なのです。是非、イスラムの文化と一緒にハラルフードも味わってみてください。

デリバリー・テイクアウト
ドネルケバブのテイクアウト専門店。
メニューは、ケバブサンド・ケバブ丼・ケバブラップ・おつまみケバブの4種類

「 NASCO KEBAB」 店舗基本情報

店名 NASCO KEBAB
TEL 080-3555-9831 
所在地

東京都新宿区百人町2-10-8 1F GREEN NASCO店頭

営業時間

12:00~23:00

定休日 ラマダン期間
予算

400円~

支払い

現金

駐車場 無し
対応言語 トルコ語、日本語
事前予約
料理説明

ドネルケバブのテイクアウト専門店

備考

新大久保駅徒歩3分 ビルの4階にモスクあり

公式サイト
websitefacebook

関連記事一覧

  1. バンゲラズ キッチン 神保町

  2. FAR EAST BAZAAR(ファーイーストバザール)博多駅前店

  3. naturry ナチュリー ナチュラルカレー

  4. おやつ屋 Cache Cache

  5. 本日のコースでした

    普段着ワイン酒場GETABAKI

  6. レイハン ウイグル レストラン(Reyhan’s Uyghur Restaurant)

  7. スターケバブ★アキバテラス

  8. チキンケバブサンドとアイラン

    ケバブカフェ エルトゥールル(kebabcafe Ertugrul)

  9. ベンガルビストロ スナリ 本駒込店(Bengali Bistro SUNALI Honkomagome Branch)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

対応可能なお店を探す

タグ