新型コロナウイルスの影響により、掲載店舗様の営業時間やメニュー内容に変更がある場合があります。また「営業中」との表記で、宅配のみ対応をしている場合等もありますので、詳細は直接店舗までお問い合わせいただけると幸いです。
パーティーメニュー

トルカリ高円寺店(TORKARI KOENJI)

ベジタリアン ヴィーガン ハラルフード ムスリムのオーナー又はシェフがいる ハラル専用キッチンで調理 ハラルの食肉を使用 ハラルの調味料を使用 豚肉不使用 アルコール飲料の提供なし お祈りスペースあり カニ不使用 落花生不使用

推薦者・監修者

土岐 隆子 一般社団法人 ハラル・ジャパン協会 事務局 広報・ディレクター
紹介文はコチラ
現在は編集の仕事をしていますが、前職は調理師で病院やレストラン、給食業界で長年働いてきました。今思うと、そのときからすでにハラルと繋がっていたのかもしれません。何十年も昔になりますが一時期、私はあるオークション会場内の食堂で働いていました。その会場に来る人の6割以上は外国人でした。イスラム教徒が多く、会場にモスクのようなお祈りスペースもあり肉がハラルかどうか、何の肉かなどをよく聞かれたのを覚えています。ある時期になると食堂がお祭りのように賑やかになります。隣で営業しているインド料理屋がビリヤニーやカレー、甘い飲み物を豪快に無料で来る人たち全員に振る舞うのです。食堂には真っ赤なターバンを巻いた人やガラベーヤや民族衣装を着た外国人が100人以上集まり、みんなが同じテーブルを囲いとても楽しいひと時を過ごしました。今考えてみると、あれは断食明けのイフタールで、みんなで分かち合う意味も理解できますがその当時はハラルやイスラム教についても無知で真剣に対応を考えることもありませんでした。彼らはその食堂のなかにあるインド人が作るカレーばかり食べていました。ハラルを勉強するにつれ「和食が食べたかったのに、食べることができなかったんだ。」ということに気づき、できることがあったのに何もしなかった当時を今更後悔しています。
豚が入っていなければ!小麦やそばが入っていなければ!これなら食べられるのに…「食の不自由」と言っても人それぞれ違うと思うのです。
だからこそその背景にある文化や宗教・ライフスタイルの違いなどを学習して、お互い気持ち良く美味しい食事ができる環境づくりが大切だと思うのです。
ハラル・ジャパン協会がハラルビジネスにおいて提唱しているのはHAVO(Halal, Organic, Vegetarian, Allergy)という概念です。これは宗教や様々な違いにとらわれず多くの人に食べて使ってもらえる商品やサービスを目指しましょうという考え方です。美味しくて、安心・安全な食事をしたいと願うのは万国共通です。時代は人々に国境や宗教を超えた新しい生き方を求めています。ハラルを入り口に食の不自由を解消し、もっと自由な発想で共存・共栄できる社会とその先にある世界の調和に少しでも貢献できたら幸いです。

高円寺のディープな雰囲気&異国情緒溢れる大一市場内にあるバングラデシュ料理店

トルカリ高円寺は2019年にオープンしたバングラデシュの家庭料理のお店です。場所は路地裏にあるので分かりにくいかもしれませんが、高円寺北口の八百屋と魚屋の間の大一市場内にあります。大一市場は40年以上前に建てられた建物で、当時は八百屋や乾物屋などが入っていたようですが現在はベトナム食堂、韓国料理屋、カレー屋など異国情緒溢れる個性的なお店が10店舗ほど入っています。

大一市場

大一市場

大一市場は現在、様々な国の料理が味わえる、知る人ぞ知るアジアン屋台村的な存在です。グルメなお店が揃っていることでも知られていて、トルカリ高円寺も人気のお店のひとつです。

トルカリ高円寺

トルカリ高円寺

トルカリに行ったら食べたいのがお店の看板メニューの「ボルタ」と「バジ」。バジとは炒め物のことでボルタとは、ベンガル語でマッシュしたものという意味です。ベンガル地域でボルタやバジは毎日の食事に欠かせない、定番のおかずです。ランチタイムはお得なセットメニューがあります。

【ボルタバジセット(ランチ)】

ボルタバジセット ¥1,050

ボルタバジセット ¥1,050

ご飯を囲うようにマッシュ料理と炒め物、豆スープがついたバングラデシュのTHE家庭料理。マッシュ料理のボルタの味の決め手はなんといってもマスタードオイル。きりっとした辛みと塩味の効いた味がご飯によく合います。じゃがいもやナスなどのベジタリアンメニューも美味しいです。

お客様の95%が日本人!ベンガル地方出身のムスリムシェフが作るハラルの家庭料理

店名のTORKARIはベンガル語で「カレー」という意味だそうです。お店のオープンのきっかけは、カレー好きのオーナーが「高円寺にもムスリムが安心して食べられる場所を作りたい。」「スタッフや料理人たちの故郷であるベンガル地方(バングラデシュとインドの西ベンガル州)の家庭料理を現地の味で届けたい。」という想いからオープンしました。
トルカリのシェフはバングラデシュとベンガル地方出身のムスリムです。高円寺店の料理は全てハラル。現時点ではお酒のメニューもありません。ナッツ不使用、化学調味料不使用。挽きたてのスパイスを使用した香り高い料理が味わえます。それでは高円寺店のおすすめのメニューを紹介します。

【おまかせモジャ(ランチ)】

おまかせモジャ ¥1,550

おまかせモジャ ¥1,550

ワンプレートにビリヤニ(ピラフ)、キチュリ(豆ご飯)、ボルタ(マッシュ料理)、バジ(炒め物)、サラダ、カレー、スープ、ドリンクとデザートがセットになったボリューム満点のメニューです。MOJA(モジャ)はベンガル語で美味しいという意味だそうです。その名の通りベンガル料理の美味しさをギュッとワンプレートに集めたメニューなので、オーダーに迷ったらまずこれを頼んでおけば間違いなしです。

【日替わりランチ】

日替わりセット ¥900

日替わりセット ¥900

シェフのおすすめの日替わりランチです。この日はムルガトルカリ(チキンカレー)、キチュリ(豆ご飯)。
キチュリはベンガル地方の豆とバスマティライスを混ぜて炊いた、やさしい味わいのご飯。カレーに合わせて食べるのがベンガル流です。

【ビリヤニセット(ランチ)】

エビビリヤニ ランチセット ¥1,350

エビビリヤニ ランチセット ¥1,350

人気のマトンやチキンのほか、エビのビリヤニなども日替わりで提供。ランチセットはデザートとドリンク付き。イスラム圏では結婚式やお祝いにビリヤニを食べる習慣があります。特別な日の晴れの日メニューでもあります。トルカリでは地元の味に限りなく近い調理法と味付けで提供しているため、少し日本人にはスパイシーに感じるかもしれませんが病みつきになる人も多いのがこのビリヤニです。

【タンドール料理】

ケバブ・タンドリーチキン

ケバブ・タンドリーチキン

ディナータイムは、窯で焼いたジューシーなケバブやチキンが味わえます。

【お弁当】

お弁当

お弁当

全品テイクアウトできます。人気のビリヤニ、カレー、ボルタやバジを組み合わせたお弁当もあります。

【デザート】

Hand Made Payesh ( Bengali Rice Pudding)

Hand Made Payesh ( Bengali Rice Pudding)

バングラデシュ伝統のミルキーデザートが味わえます。

【ノンアルコールビール】
日本では珍しいドバイ産のノンアルコールビール「バービカン」もあります。

Barbican Apple

Barbican Apple

トルカリ高円寺はグルメな人が通うディープな雰囲気のお店です。お酒のメニュー無し&ハラルの料理を提供していますが今のところムスリムのお客様は少なく、ほとんどが口コミで来る人ばかりです。料理は本格的でとても美味しいと評判なので、是非お試しください。

デリバリー・テイクアウト全品テイクアウト可能。電話やFAXからの注文で、店頭受け取りも承ります。

「 トルカリ高円寺店(TORKARI KOENJI)」 店舗基本情報

店名 トルカリ高円寺店(TORKARI KOENJI)
TEL 03-6383-0339
所在地

東京都杉並区高円寺北3-22-8 (大一市場内)

営業時間

【Lunch】11:00〜15:00
【Dinner】17:00〜22:30

定休日 水曜日
予算

【Lunch】1,000円~2,000円
【Dinner】2,000円~3,000円

支払い

PAYPAY

駐車場 なし
対応言語 ベンガル語、英語、ヒンディー語
事前予約
料理説明

ハラル食材を使用したバングラデシュの家庭料理

備考

高円寺駅北口徒歩2分

公式サイト
web site

関連記事一覧

  1. LIGHT VEGAN TEAM ライツヴィーガン福岡

  2. 畑のアキウ舎ボウル 大豆ミート使用

    アキウ舎

  3. バンゲラズ キッチン 銀座(Bangera’s Kitchen Ginza)

  4. チキンケバブライス ダブルホット&イスケンデルソース

    サライケバブ 大山店(SARAY KEBAB Oyama)

  5. そじ坊 ダイバーシティ東京プラザ店

  6. 自然派インド料理 ナタラジ荻窪店

  7. 蘭州牛肉面 950円とパクチー大盛150円

    馬子禄(マーズルー)牛肉面 神保町店

  8. おやさいや菜

  9. NICE plant-based cafe

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。