シリバラジ 水道橋店

ベジタリアン ヴィーガン ハラル ハラル専用キッチンで調理 ハラルの食肉を使用 ハラルの調味料を使用 豚肉不使用

推薦者・監修者

プロフィール

土岐 隆子(Takako Doki)一般社団法人 ハラル・ジャパン協会 事務局 広報・ディレクター

紹介文はコチラ現在は編集の仕事をしていますが、前職は調理師で病院やレストラン、給食業界で長年働いてきました。今思うと、そのときからすでにハラルと繋がっていたのかもしれません。
何十年も昔になりますが一時期、私はあるオークション会場内の食堂で働いていました。その会場に来る人の6割以上は外国人でした。イスラム教徒が多く、会場にモスクのようなお祈りスペースもあり肉がハラルかどうか、何の肉かなどをよく聞かれたのを覚えています。ある時期になると食堂がお祭りのように賑やかになります。隣で営業しているインド料理屋がビリヤニーやカレー、甘い飲み物を豪快に無料で来る人たち全員に振る舞うのです。食堂には真っ赤なターバンを巻いた人やガラベーヤや民族衣装を着た外国人が100人以上集まり、みんなが同じテーブルを囲いとても楽しいひと時を過ごしました。今考えてみると、あれは断食明けのイフタールで、みんなで分かち合う意味も理解できますがその当時はハラルやイスラム教についても無知で真剣に対応を考えることもありませんでした。彼らはその食堂のなかにあるインド人が作るカレーばかり食べていました。ハラルを勉強するにつれ「和食が食べたかったのに、食べることができなかったんだ。」ということに気づき、できることがあったのに何もしなかった当時を今更後悔しています。
豚が入っていなければ!小麦やそばが入っていなければ!これなら食べられるのに…「食の不自由」と言っても人それぞれ違うと思うのです。
だからこそその背景にある文化や宗教・ライフスタイルの違いなどを学習して、お互い気持ち良く美味しい食事ができる環境づくりが大切だと思うのです。
ハラル・ジャパン協会がハラルビジネスにおいて提唱しているのはHAVO(Halal, Organic, Vegetarian, Allergy)という概念です。これは宗教や様々な違いにとらわれず多くの人に食べて使ってもらえる商品やサービスを目指しましょうという考え方です。美味しくて、安心・安全な食事をしたいと願うのは万国共通です。時代は人々に国境や宗教を超えた新しい生き方を求めています。ハラルを入り口に食の不自由を解消し、もっと自由な発想で共存・共栄できる社会とその先にある世界の調和に少しでも貢献できたら幸いです。

インド大使館御用達!!「シリバラジ水道橋店」はココナッツやカレーリーフを贅沢に使ったエキゾチックな魅惑の南インド料理店

シリバラジは、水道橋駅から徒歩5分の場所にある南インド料理レストランです。シリバラジ(Sri Balaj)とは南インドで一番有名な神様のことです。お金の神様を祀るヒンドゥー教の寺院でもあり、インドの数ある寺院のなかでも毎年多額の寄付が集まると言われています。

外観

外観

シリバラジではお客様に美味しくてヘルシーな南インド料理をお楽しみ頂けるよう、現地の味をそのままにアレンジを一切していません。近年都内を中心に人気急上昇中の「南インド」料理は、日本でポピュラーな北インド料理に比べて油が少なめ、スパイシーでキレのある爽やかな後味。シュレッドココナッツやカレーリーフなど独特のハーブや香辛料を使います。
お店ではミールスをはじめとした定食から軽食のティファン、様々な種類のドーサが味わえます。

マサラドーサ

マサラドーサ

米粉と豆のペーストから作るドーサは、薄くてパリパリとした食感で豆の香りがふんわりと鼻に抜けます。美味しさをさらに引き立てる、手作りのチャツネをつけていただきます。チャツネとは、インド料理には欠かせない、ペースト状の調味料で別名チャトニとも呼びます。このチャツネ無しにシリバラジのドーサは語れません。ミントチャツネはミントの爽やかさに唐辛子の辛さとコリアンダーの独特な風味、塩気が絶妙でドーサにぴったり。ココナッツチャツネは削りココナッツのまろやかでコクのある味で一気に南国感が増します。数あるドーサのなかでもおすすめは、スパイスで味付けしたジャガイモがたっぷりと入ったマサラドーサ!!

マサラドーサ

マサラドーサ

写真だとテーブルが小さくみえますが、シリバラジのマサラドーサがテーブルをはみ出す勢いで巨大なのです。豆と野菜のカレーサンバルとチャツネがセットになっています。辛くて酸味のある、南国特有のユニークでエキゾチックな味わいを是非、ご堪能ください。

カジキマグロを使用した魚のカレーや新鮮な野菜を使用したベジタリアンのメニューもお任せ!!

シリバラジはスパイスとアーユルヴェーダの故郷、本場の南インド料理が食べられるお店です。アラビア海に面したケララ地方で名が知られている南インドは黒胡椒をはじめとしたスパイスの産地です。スパイスやハーブは全てインドから直輸入したものを使用しています。シェフはタミルナドゥ州の有名なホテルで働いていた南インドの出身の方です。イスラム教徒ではありませんがフードメニューは全てハラールにこだわっています。周辺には庭のホテル、東京ドームホテルなど人気のホテルが近いこともありシンガポールやマレーシアのムスリム観光客も多く訪れるそうです。また、インド大使館が近く大使館関連の人たちやインド人の家族連れもよく見かけます。土日は東京ドームのイベント帰りのお客様や観光客、平日のランチは学生や周辺オフィスの方々で賑わっています。

プレーンワダ

プレーンワダ

シリバラジは南インドのベジタリアンメニュー代表のサンバルをはじめ、豆のペーストを揚げたワダなどヘルシーでユニークな料理がたくさんあります。インドはベジタリアン人口が多いので、飲食店はベジとノンベジの料理が必ずあり野菜の料理がとても美味しいです。インドのベジタリアンメニューはラクトベジが多いので、チーズやヨーグルトが使用されているため満足感が高いです。辛いカレーを食べたあとにヨーグルトがぴったり合います。デザート感覚で飲めるマンゴーラッシーもインド料理屋の定番ですが、シリバラジで是非試していただきたいのがマンゴークルフィです。濃厚でなめらかな口触りのココナッツアイスとねっとりとしたマンゴーが相性抜群です。チャイはかなり高い位置から注いでくれる本格派、ふわふわに泡立って見ていても楽しいです。

マンゴークルフィ

マンゴークルフィ

チャイ

チャイ

シリバラジの心と身体を整える、ハーブとスパイスの魅力たっぷりのお料理を是非ご堪能ください。

「 シリバラジ 水道橋店」 店舗基本情報

店名 シリバラジ 水道橋店
TEL 03-6265-6969
所在地

千代田区西神田2-1-11

営業時間

11:00〜15:00(LO 14:30)
17:00〜21:00(LO 20:00)

定休日 無休
予算

ランチ ¥1,000~¥1,800
ディナー¥2,000~¥4,000

支払い

カード可(VISA、Master)

駐車場 なし
対応言語 英語・ヒンディー・タミル
事前予約
料理説明

南インドの代表的な料理のミールスからティファン、ドーサもご用意

備考
公式
web site

関連店舗一覧

  1. モーニングプレート

    BLUE JAM

  2. Delicatessen 三月の水

  3. 季節のスムージーとお豆腐マフィン、マフィンラスク

    おやつカフェ yurumu。

  4. ボリュームがすごいんです。

    ボンゴカレー

  5. 北海道産希少小麦使用のパン ド ムール香ばしい表面

    ​MAISON LANDEMAINE AZABUDAI メゾン・ランドゥメンヌ 麻布台

  6. 蘭州牛肉面 950円とパクチー大盛150円

    馬子禄(マーズルー)牛肉面 神保町店

  7. 野菜の天ぷらが豪快に盛られた天丼セット!

    麺喰金家

  8. nanai(ナナイ)

  9. Re:Cell Kitchen -リセルキッチン

  10. カールヴァーン ブルワリー&レストラン

  11. 太陽と大地の食卓 T’s レストラン 自由が丘

  12. スパイスヘブン江ノ島店

  13. Rumi( ルーミー)フライヤー

    Rumi( ルーミー)中東&オリジナルインドレストラン

  14. 雑穀アマランサスのマカロン

    mirokÜ 八幡町店

  15. お米ラテプレーン

    OREC green lab 福岡